柏崎まつり花火大会2017年の日程や時間は?駐車場&交通規制は?場所取り時間もご紹介!

新潟県柏崎市で開催される夏の一大イベント「ぎおん柏崎まつり 海の大花火大会」

「川の長岡」「山の片貝」と並び「海の柏崎」として「越後三大花火」に数えられる人気の高い花火大会です。

舞台は海ということもあって、水面にも花火の艶やかな様子が浮かび、幻想的な花火を堪能できます。

ここでしか見られない海中空スターマインや名物の尺玉100発一斉打ちなど、迫力ある花火が見どころ。

ぎおん柏崎まつり花火

今回は、ぎおん柏崎まつり花火大会2017年の日程や時間についてや駐車場&交通規制、場所取り時間などについてご紹介します。

スポンサードリンク

柏崎まつり花火大会2017年の日程や時間は?

ぎおん柏崎まつり海の大花火大会の今年2017年の日程は下記のとおりとなっています。

ぎおん柏崎まつり海の大花火大会2017年の日程詳細

開催日時 2017年7月26日(水)19:30~21:10
※雨天決行、荒天時は延期の可能性あり
※実施可否は当日9:00に柏崎市HPでお知らせあり
開催場所 柏崎市中央海岸・みなとまち海浜公園一帯
打ち上げ数 約15,000発
交通 【電車】JR越後線ほか柏崎駅より徒歩約20分
【車】北陸自動車「柏崎IC」より車で5分の佐藤池球場からシャトルバス運行予定
駐車場 あり(佐藤池球場約2,000台)
お問い合わせ先 0257-22-0726
ぎおん柏崎まつり海の大花火大会事務局(柏崎市商工会議所内)
公式HP http://www.city.kashiwazaki.lg.jp/kanko/event/7/gion/index.html

ぎおん柏崎まつり海の大花火大会とは?

「越後三大花火」のひとつとして数えられる「海の柏崎」ならではの花火は、一言でいえば「豪華絢爛」な花火が見どころです。

海という開けた場所で打ち上がる花火は、海の水面に光の弧を描くように打ち上がり、空中と海上ダブルの絶景の花火を楽しむことができます。

ぎおん柏崎まつり海の大花火大会で忘れてはならないのが名物の尺玉100発一斉打ちです。

超ド派手に打ち上がるその姿は、この柏崎でしかあげられない必見のもの。

体の内側にまで響く花火の打ち上げ音は、怒涛の連続でその迫力は他を圧倒するものがあるほどです。

ほかにも600メートルにもわたるワイドスターマインなど、広い地の利を活かしての壮大な花火の演出は、見ごたえも感動も充分!

さすが越後三大花火と感心させられる、忘れられない花火を体感できますよ!

伸び伸びと大空に打ち上がる花火の大きさにも圧倒されますが、それを何の遮りもなく見れることにも感動しちゃいますよ!

都心のビルの合間に浮かぶ花火ばかりでなく、こういう広い場所での迫力ある花火もおすすめです。

ぎおん柏崎まつり海の大花火大会の会場図は?

ぎおん柏崎まつり海の大花火大会の会場図は下記をご参照ください。(※クリックで拡大できます。)
柏崎まつり海の大花火大会会場図

柏崎まつり花火大会の駐車場&交通規制は?

ぎおん柏崎まつり海の大花火大会の交通規制情報

花火大会当日、打ち上げ会場周辺は車が集中するうえ交通規制がかかり大変混雑します。

交通規制の時間帯は早いところで16:00頃からはじまり、花火大会終了後も交通規制は行われ、22:00~23:00頃まで会場周辺などを中心に車両通行止めなどが実施されます。

ぎおん柏崎まつり海の大花火大会では、佐藤池野球場などに駐車場が用意されており、駐車場から会場付近まではシャトルバスも運行されています。

スポンサードリンク

駐車場の場所などは下記の「駐車場およびシャトルバス運行図」をご参照ください。(※クリックで拡大できます。)

駐車場シャトルバス運行表

なお、駐車場情報は下記のとおりとなっています。

ぎおん柏崎まつり海の大花火大会【有料駐車場】
●台数:約2000台
●金額:普通車1台2,500円(シャトルバス利用料金含む)
※シャトルバスのみの利用は1人1,000円(往復)
●時間:【開放時間】13:00~
●場所:柏崎市 佐藤池運動広場野球場

上記の佐藤池運動広場野球場の駐車場が満車になると、予備1駐車場の新潟工科大学が解放され、そこも満車になると、予備2駐車場の富士ゼロックスマニュファクチュアリング㈱の駐車場が順次開放されていきます。

花火大会当日は、車での来場者も多く、周辺の道路も駐車場に向かう車で大変混雑します。

駐車場に向かう場合は、誘導看板が掲示されています(※上記の駐車場およびシャトルバス運行図もご参考に!)ので、それに沿って向かうようにしましょう。

開放されていない駐車場では、シャトルバスは運行されませんのでご注意を!

佐藤池運動広場野球場の駐車場の開放時間は13:00~ですが、シャトルバス運行時間は15:00~2時間の時差があります。

駐車場から花火会場までは、徒歩で約10~20分程度ですので、駐車場を確保するため早めに現地入りし、駐車場に車を停めたら徒歩で会場入りするのもおすすめです。

なお、ぎおん柏崎まつり海の大花火大会では広い無料の観覧エリアが用意されていますので、場所取り担当と、駐車場担当といった具合に、二手に分かれて場所および駐車場を確保するほうがいいかもしれません。

柏崎まつり花火大会の場所取り時間もご紹介!

ぎおん柏崎まつり海の大花火大会では、柏崎中央海水浴場周辺にて花火が打ち上げられるため、海岸沿いなどに広い無料観覧エリアが用意されています。

この無料観覧エリアは、打ち上げ場所にも近く迫力ある花火を見られるとあって毎年大変な人気でもあります。

無料観覧エリアは下記の図の「花火見物適地①および②」をご参照ください。

柏崎まつり海の大花火大会会場図

なお、花火見物適地に指定されるエリアは、花火大会当日7月26日の午前7時から場所取りが解放されます。

それ以前に場所取りをすることはできませんのでご注意を!

場所取りに際しては、場所取りシートの固定に石やブロックを使用すると転倒の危険があるので禁止。また、場所取りにテントやイスを利用される場合は、打ち上げ開始前に撤去する必要がありますのでご注意を!

花火を一番前で見たい場合や写真やビデオなどで撮影する場合は、早めに行って場所取りするのがおすすめです。

早い人は夜中のうちに現地入りし早朝3時過ぎから場所取りを狙ってたりもします。

でも、無料観覧エリアは笑っちゃうくらい広いエリアなので、少人数であれば、そこまで早朝に行かなくても、なんとか場所取りはできます。

特にお昼前後から一気に人が増えだし、14時過ぎ頃にはある程度の人たちで溢れかえります。

夕方にもなると有料席組や地元の人たちも増え、一気に動くのも大変な人の数になってきますので、お昼前ぐらいには場所取りしておくことをおすすめします。

まとめ

「海の柏崎」と称される柏崎の花火は、その壮大なスケールを余すところなく体感できるよう、海岸沿いでしっかりとその目に焼き付けてくださいね!

スポンサードリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ