北陸・甲信越の花火

神明の花火2019年の日程は?駐車場&おすすめ場所取りスポットをご紹介!

更新日:

神明の花火

山梨県内最大級の規模で開催される「神明の花火大会」

神明の花火大会で打ち上げられる花火は、全国の名だたる大会で優勝した花火師による極みの花火として見る人を魅了してやまないファンが多い花火大会でもあります。

二尺玉や競技花火など約20,000発もの花火は、一夜の思い出を深く刻む感動の花火を約束してくれます。

特に圧巻の鳥肌もののグランドフィナーレは見逃さないよう要チェック!ですよ^^

今回は、神明の花火の日程や駐車場&おすすめ場所取りスポットについてご紹介します。

スポンサーリンク

神明の花火2019年の日程は?

市川三郷町ふるさと夏まつり 第31回 神明の花火大会の日程

開催日 2019年8月7日(水)

※雨天決行、荒天の場合は8/8または8/9に延期

時間 19:15~21:00
開催場所 三郡橋下流笛吹川河畔
打ち上げ数 約20,000発
交通 【電車】
◆JR身延線市川大門駅から徒歩10分

【車】
◆中央自動車道甲府南IC~国道140号経由通常約20分
◆中部横断道増穂ICより通常約5分

※当日は会場周辺で交通規制あり

駐車場 あり 会場周辺に20か所 約4,300台を予定
お問合せ 055-272-1101 市川三郷町ふるさと夏まつり実行委員会
公式HP http://www.town.ichikawamisato.yamanashi.jp/shinmei/

神明の花火大会の交通規制情報

花火大会当日は、夕方17:30~22:00(※一部14:30~23時までの規制もあり)まで会場周辺にて下記の通り交通規制が実施されます

>>>神明の花火大会の交通案内&交通規制図

会場周辺は、花火が始まる2時間前の17時頃から非常に混雑します。なるべくJRなど公共の交通機関のご利用が便利です。

神明の花火大会の駐車場情報

神明の花火大会では、無料の臨時駐車場が会場周辺に約4,300台分用意されます

ですが、会場はかなり山奥ですので、車で来場する方も多く、無料の駐車場もすぐに満車となるため早めの現地入りは必至です。

>>>神明の花火の駐車場の住所&駐車台数情報はコチラをご覧ください!

>>>各駐車場の位置や詳細はコチラをご覧ください!

※上記の情報は昨年のものになります。最新版が発表され次第ご紹介します。

スポンサーリンク

上記のなかでもおすすめの駐車場は、「利根川公園」、「ますほ文化ホール」などのメイン会場の橋をわたる手前の駐車場です。

どちらもメイン会場までは無料シャトルバスも運行されています

神明の花火のシャトルバス情報!

◆運行ルート:
①【三珠ルート】 三珠庁舎⇒碑林公園⇒高田公園(バス発着場)
②【増穂ルート】 利根川公園⇒ますほ文化ホール⇒高田公園(バス発着場)

スポンサーリンク

◆運行時間:行き 16:00~19:15 帰り 20:30~22:00
※帰りの運行時間花火大会終了の時間により前後します。

神明の花火 混雑回避方法は?

神明の花火は、例年20万人を大きく超える方が訪れる花火大会ですので、混雑は必至です!

特に、帰りの混雑は大変で、「三郡橋」「富士川大橋」の2つの橋は毎年非常に混雑していますので、迂回路などの利用をおすすめします。

また、花火終了後は駅に向かう人の混雑もあるため、打ち上げ会場東側の駐車場は渋滞が発生しやすくなります。

ですので、上記でおすすめにご紹介した「利根川公園」「ますほ文化ホール」の駐車場であれば、会場周辺の交通規制を避けて比較的スムーズに帰宅へ向かえて便利ですよ。

利根川公園駐車場
●住所:富士川町小林1778付近
●駐車台数:200台
ますほ文化ホール
●住所:富士川町天神中條820-1
●駐車台数:200台

神明の花火のおすすめ場所取りスポットは?

神明の花火は毎年20万人を大きく超える方が訪れる花火大会ですので、打上会場周辺は非常に混雑します。

有料観覧席以外では、例年ですと「場所取り規制」が行われますので、事前に確認しておいてくださいね。

神明の花火の場所取り方法は?

※下記は昨年の内容となります、今年の内容は詳細が分かり次第更新します。

●場所取り開始日:2019年8月1日(木) 06:00~予定
※※時間は天候等により、早まることがあります。

●会場:市川三郷総合グラウンド

※コーンとバーで導線を設置しますのでそちらにお並びください。

しかし、地元の方ならいざ知らず、遠方から来られる方は1週間前からの場所取りはとても難しいものです。

ですので、下記に穴場&おすすめの場所取りスポットについてご紹介しますね^^

神明の花火の穴場&場所取りスポットは?

市川公園に向かう道沿い

市川公園は小高い山になっているので少し上ると絶景な穴場スポットで見れる場所が現れます。

道沿いに車を停めて見ている人もいるので会場から離れた場所を探すならおすすめのスポットです。

道は狭いですし、夜は真っ暗なので運転に自信がない人はやめておくのが無難かもしれません。

金比羅神社周辺の道沿い

こちらは車の駐車禁止区域になるため、路駐などは厳禁なので徒歩で向かうしかないスポットですが、見晴らしがよく絶景の花火が鑑賞できます。

神明の花火は、大変な山奥での開催のためちょっとした穴場も花火の時間になると真っ暗で心細くなったりします^^;

慣れない場所だと事故も心配ですし、できれば安全面も考えて人が多い場所で見るのも安心ですね。

また、早い時間の場所取りは難しいけれど、近くで迫力のある花火を堪能したい!という方には、有料観覧席も用意されますので、コチラを確保することをおすすめします!

まとめ

いかがでしたか?

今回は、神明の花火の日程や駐車場&おすすめ場所取りスポットについてご紹介しました。

神明の花火は一度見るとその花火のクオリティの高さに感動を覚えます。

アクセスなどが大変なので事前にしっかり計画を立てて感動の花火を体感してみてくださいね。

-北陸・甲信越の花火
-,

Copyright© Today's Trend News , 2019 All Rights Reserved.