北陸・甲信越の花火

諏訪湖花火大会のアクセス方法は?車と電車どっちがおすすめ?

更新日:

諏訪湖花火
日本最大級の打ち上げ数を誇る諏訪湖の花火大会。

正式名称は「諏訪湖祭湖上花火大会」と言われるものなんですが、その打ち上げ数は4万発

しかも諏訪湖は、フライパンの底のような地形になっているため、花火の音が山に反響し、体の芯まで響くため、「ドドドーン!!」とまさに体を揺さぶる花火を体感できる花火大会でもあります。

東京近郊など関東から足を延ばして見に行かれる方も多い諏訪湖の花火大会ですが、雨が多い花火大会としても有名ですので、雨具は準備必須ですね。

今回は、東京近郊から諏訪湖花火大会に行く場合に車と電車どちらがおすすめなのかを比較してご紹介します!

諏訪湖花火大会では、当日券なども用意されていますので、是非入手されることをおすすめします。有料席や当日券の入手方法は下記の記事もご参考に!

スポンサーリンク

諏訪湖花火大会のアクセス方法は?

諏訪湖祭湖上花火大会の今年2019年の日程は下記の通りとなっています。

開催日 2019年8月15日(木)

※雨天決行

時間 19:00~21:00
開催場所 長野県諏訪市湖畔 公園前諏訪湖上
打ち上げ数 約40,000発
交通 【電車】
◆JR上諏訪駅から徒歩10分

【車】
◆中央道諏訪ICから車で15分(通常時)

※当日は会場周辺で交通規制あり

駐車場 あり(4700台無料・一部有料臨時)ヨットハーバー駐車場(普通車3000円/1台)、すわっこランド・諏訪湖スタジアム(普通車1000円/1台)など
お問合せ 0266-52-4141 諏訪湖祭実行委員会(諏訪市観光課内)
公式HP http://www.suwako-hanabi.com/kojyou/

打ち上げ場所は、諏訪湖湖畔上で、諏訪市湖畔公園側で打ち上げられます。

諏訪湖祭湖上花火大会へのアクセス方法 車の場合は?

中央自動車道「諏訪IC」から国道20号を経由し、県道487号を諏訪湖方面へ車で4kmです。

花火大会当日は、例年ですと、かなりの交通量となり諏訪市内を中心に大変な渋滞と混雑となります。

諏訪湖祭湖上花火大会へのアクセス方法 電車の場合は?

花火大会メイン会場へは、JR中央本線「上諏訪駅」から徒歩8分です。

諏訪湖の花火大会は、湖畔で打ち上げられるため、混雑を避けて、諏訪市湖畔公園側の反対側などで見る方法を選ぶ方もいますが、初めての場合や、諏訪湖の花火大会を満喫したいのであれば、メイン会場での観覧をおすすめします。

諏訪湖の反対側から観ると、諏訪湖花火大会の見どころでもある迫力と音が半減してしまい、絶対後悔します。

諏訪湖花火大会では、当日券なども用意されていますので、是非入手されることをおすすめします。有料席や当日券の入手方法は下記の記事もご参考に!

スポンサーリンク

諏訪湖花火大会に車で行く場合は?

諏訪湖花火大会に車で行く場合には、駐車場の確保を考えなくてはなりません。

諏訪湖花火大会では、当日無料・有料の駐車場が臨時で用意されます。各駐車場の詳細はコチラをご確認ください。

「開場時間」をご覧いただけると分かると思いますが、早朝からの開場で、例年ですと午前中には駐車場は満車になります。また、一度駐車すると再入場等できませんので、注意が必要です。

当日は、エルシーブイFM769「花火ラジオ」(76.9MHz)で、花火打ち上げ情報、駐車場情報、会場周辺渋滞情報を朝6時から大会終了後の24時まで放送されています。貴重な駐車場情報や渋滞情報が確認できるので、当日はチェックすることをおすすめします。

また当日、会場周辺一帯の道路は午後3時から歩行者天国となり、自動車・自転車の通行はできなくなるので、注意が必要です。

諏訪湖花火大会の駐車場を確保するには?

花火大会の臨時駐車場に停める場合には、夜中に高速を走って、早朝には諏訪入りし、駐車場の開場の列に並ぶしかありません。

渋滞回避のひとつの手段として、諏訪地方の周辺市町村の駅などからJR中央本線の電車を利用する方法がありますが、最近ではみなさん同じような考えの方が多く、周辺市町村の駅などの駐車場も確保が難しくなっています。

ですので、周辺市町村の駅を狙う場合も、早朝には着いて行動することをおすすめします。

周辺市町村の駅を利用する場合は、花火大会前はもちろん、終了後も特急あずさ(甲府・新宿方面、松本・長野方面)、中央本線(茅野・甲府方面、岡谷・松本方面)ともに数十本の臨時電車(最終は24時頃)が用意されます。

諏訪湖花火大会に車で行く場合帰りは?

花火が終わって帰りも、相当な渋滞に覚悟が必要です。

関東方面の場合は、「諏訪IC」を目指すか、「岡谷IC」を目指す車の渋滞が続きます。

特に車は、諏訪市内は大渋滞により24時過ぎまでは身動きできない状況になることが多いので、車内で仮眠をとるなどゆっくり落ち着いてから移動することをおすすめします。

「諏訪IC」に乗ってからも渋滞は続きますので、「諏訪IC」は避けて、「諏訪南IC」で高速に入るのが無難だと思います。

諏訪湖花火大会に電車で行く場合は?

電車の場合は、当日に帰ることは無理ですので、1泊するホテルの確保が必要です。人気なのは、松本市内のホテルを確保して動く人が多いようです。

当日、市内や周辺市町村の駅は人で混雑します。

メイン会場の最寄り駅「上諏訪駅」で降りた場合、通常ですと、JR上諏訪駅から花火大会会場の諏訪湖畔までは大人の足で徒歩7~10分ほどですが、花火大会当日は、駅から会場へ続く道は午前中から人でいっぱいで、周辺道路も大渋滞となるため、時間がかかることを覚悟しましょう。

また、午後3時からは、メイン会場周辺は歩行者天国になります。

帰りは、とにかくメイン会場最寄りの「上諏訪駅」で電車に乗るのに2時間ぐらいかかります。

臨時列車も用意されるので、乗れないことはないと思いますが、非常に疲れることは覚悟しましょう。

まとめ

諏訪湖の花火大会は、日本最大級の打ち上げ数と迫力のある花火で、人気が高い花火大会です。

関東から行かれる場合は、渋滞を覚悟で、前日の深夜から現地入りする覚悟がある場合には車で行くほうが、ホテルを取る必要もないのでおすすめです。

そんなにハードスケジュールでの覚悟がない場合には、松本市内などにホテルを取っての電車で行かれることをおすすめします。

日本でも人気の、一度は見てみたい花火大会上位の花火大会です。

行くなら一番必要なのは、気合かもしれません。

諏訪湖花火大会では、当日券なども用意されていますので、是非入手されることをおすすめします。有料席や当日券の入手方法は下記の記事もご参考に!

-北陸・甲信越の花火
-,

Copyright© Today's Trend News , 2019 All Rights Reserved.