雨の日の靴対策は?素材は何がおすすめ?速乾の乾かし方はコレ!

雨の日靴

雨の日が多い時期になると、足元の靴も気になりませんか?
お気に入りの靴がビショ濡れになってしまったり。
革靴を履いていきたいけれど、雨の日には履くのをためらってしまったり。
雨の日が続く梅雨の時期など、子供の靴を乾かすのに大変だったり。
今日は、雨の日の靴対策、素材は何がおすすめ?速乾の乾かし方の情報などをご紹介します。

>>>【関連記事】レインコート 自転車でのおすすめは?ポンチョタイプ?上下タイプ?
>>>【関連記事】傘の盗難対策 盗まれないようにする方法や効果的なグッズは?
>>>【関連記事】折りたたみ傘【軽量・大きい・便利】それぞれのおすすめイチオシはコレ!

スポンサードリンク

雨の日の靴対策は?

雨の日におしゃれな靴を履いて出かけたいけれど、雨に濡れてお気に入りの靴が台無しになるのは嫌なものです。
みなさん、雨の日にはどんな靴でお出かけしたりしてるんでしょう?

雨の日にどんな靴を履いているか?

  • 合皮の靴
  • エナメルの靴
  • レインブーツ
  • ゴアテック素材
  • サンダル
  • スニーカー
  • 普段と変わらない
雨の日などで、外を歩くことが多い場合には、履く靴にも気を使いますが、通勤や移動時のみで、それ以外は室内で過ごすことが多い場合には、多少の濡れは覚悟で普段通りの本革やパンプスを履く人も多いですね。

エナメルは雨をはじくので、雨の日にエナメルは大丈夫!と思っている方が多いんですが、エナメルは雨に強くありません。エナメルは皮革の上にウレタンの樹脂を吹き付けてある素材で、革の上に柔らかいアクリルやプラスティックを
貼り付けているような感覚だと理解してください。ですので、革と同様、決して雨に強くはないですので、雨に濡れたら、革と同様のケアが大切です。

雨の日の靴対策は何かしてる?

  • 靴に防水スプレーをする
  • レインブーツを履く
  • 濡れてもいい靴を履く
雨の日に本革の靴を履く機会が多い人は、「防水スプレー」などを活用する人が多いですね。
それ以外では、濡れてもいい靴をあらかじめ履いて、雨の日対策をしている人が多数です。
雨の日に本革の靴を履くのは抵抗があるけれど、仕事柄仕方ない場合もあります。「雨の日に本革の靴を履くのはよくない」と言われますが、きちんとした対策やケアを行うことで、雨の日でも本革の靴を履いても問題はないんですよ。

>>>【関連記事】レインコート 自転車でのおすすめは?ポンチョタイプ?上下タイプ?
>>>【関連記事】傘の盗難対策 盗まれないようにする方法や効果的なグッズは?
>>>【関連記事】折りたたみ傘【軽量・大きい・便利】それぞれのおすすめイチオシはコレ!

雨の日の靴の素材で気をつけることは?

本革の靴を履く場合

本革の場合は、雨に濡れた後のケアが最も重要になります。雨に濡れてしまった革靴は型くずれしやすく、そのまま乾燥させると革から水分と一緒に油分も失ってしまうため、硬くなって靴を傷める原因となります。 雨に濡れたら、すばやくお手入れが肝心です!

外出先で出来るケアは?

雨に濡れた場合は、可能な限り水分をすばやく拭き取る。

雨に濡れたままにするのは、革を傷めてしまいますので、外出先でも可能であれば、タオルやティッシュなどで、濡れたら拭き取ることを心掛けましょう。


スポンサードリンク

家に帰ってからのケアは?

  • 靴の表面の水分をタオルなどで丁寧に拭き取る。
  • 「シューキーパー」がある場合には、靴にシューキーパーをセットし、形が崩れるのを防ぐ。
  • ※シューキーパーがない場合は、新聞紙などを詰めるとよいです。

  • 風通しの良い「日陰」で靴を乾燥させる。
  • ※直射日光は革を傷める原因になります。

  • 完全に乾いたら、クリーナーでカビの原因となる汚れを落とす。
  • 革クリームなどを塗って、油分や革の栄養を補給する。
  • 仕上げに防水スプレーを全体的にかける。
シューケアお手入れマニュアル付きシューケアセット
革靴でも、きちんとしたケアをしておけば、雨の日に履いてもダメージは少なくなります。ビジネスマンの方など、雨の日でも仕事で革靴を履く場合には、普段よりも丁寧なケアを心掛けて雨の日対策したいですね!

雨の日に合皮の靴はいいの?

雨の日には、本革でなく合皮の靴を履く!という方も多いのではないでしょうか?
合皮は、不織布の表面にポリウレタンなどを塗って、その上にナイロン樹脂やポリウレタン樹脂をコーテイングして仕上げたものを言います。本革に比べて値段がお手頃ですし、手入れが楽ということもあり、雨の日の靴として合皮の靴を選ぶ方が多いようです。
ですが、合皮の靴も本革のようにケアすればある程度は長持ちしますが、合成皮革製品の種類にもよりますが、歩く際にどうしてもシワがよってしまう部分が履いていくうちにひび割れてしまったり、コーティングがはげてしまいます。擦れる部分も同様です。
合皮だからと使い捨てにする覚悟ならいいですが、少しでも長く履きたいのであれば、本革の靴と同じようなケアをすることで靴の持ちは大きく変わってきますよ!

雨の日におすすめの靴の素材は?

雨の日には、「濡れる」ことに強い素材がおすすめです。
レインブーツなどに使われている「塩化ビニール素材」、「天然ゴムや合成ゴム素材(ラバー素材)」などは、防水性が高いので雨の日でも安心素材です。

雨の日の靴の乾かし方は?速乾でおすすめはコレ!

お子さんがいるご家庭などでは、梅雨の時期など、雨の日が続く時には濡れた靴がなかなか乾かなくて困った経験はありませんか?
そういった場合におすすめの乾かし方をご紹介します!
それが、 「シリカゲル」です!
シリカゲルは乾燥剤として、お菓子の袋に一緒に入っていたりするアレ!です。
いつも捨てているシリカゲルを取っておいて、シリカゲルをそのまま袋ごと靴の中に入れておけば、靴の中の湿気をきちんと吸収してくれて乾燥が早まります。しかも、シリカゲルは乾かせば、何度でも使えますのでコストパフォーマンスにも優れています。
靴をそのまま乾かすよりも、「シリカゲル」をプラスして干すだけで、乾かす時間が大幅に短縮できるので、お試しください!
また、シリカゲルの特性を活かしたシューケア用品として、下記のようなものも人気を集めています。
大変人気で、品切れ状態のところが多いので、在庫があれば即買いをおすすめします!
シリカゲルシリカクリン 激取りマックス 靴ドライ(2枚入)【シリカクリン】
これは、激取りMAX靴ドライを入れておくと2~3時間で革靴、スニーカーを乾燥・消臭してくれます。吸湿センサーにより、ピンク色になった場合天日に干すと機能が再生して、何度でも繰り返し使用可能なので、梅雨の時期など雨の多い日には活躍する便利グッズです!
スポンサードリンク

>>>【関連記事】レインコート 自転車でのおすすめは?ポンチョタイプ?上下タイプ?
>>>【関連記事】傘の盗難対策 盗まれないようにする方法や効果的なグッズは?
>>>【関連記事】折りたたみ傘【軽量・大きい・便利】それぞれのおすすめイチオシはコレ!

まとめ

雨の日が続くと、毎日履く靴にも負担があるものです。
きちんと乾かしたいけれど、雨の日ばかりでイマイチ乾くのが遅い場合には、「シリカゲル」を試してみてくださいね!
おすすめ記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ