隅田川花火大会2016年の日程は?第一会場と第二会場の違いは?

隅田川花火大会の日程2016

日本の夏といえば、やっぱり「花火!」

そして東京の花火といえば、「隅田川花火大会」でしょう。

毎年、墨田川を熱気と歓声で包み込む艶やかな花火の競演は、一夜限りの感動的な興奮を味わえる花火大会として大変な人気です。

打ち上げ場所は、第一開場と第二会場に分かれており、それぞれが競演するように進んでいく隅田川の花火。

はじめて観る場合には、場所取りなど戸惑うことも多いかもしれませんね。

今回は、隅田川花火大会2016年の日程&場所取りに前に要チェック!第一会場と第二会場の違いは?について詳しくご紹介します。

>>>【関連記事】隅田川花火大会 混雑攻略のアクセス術&おすすめ場所取りスポットは時間は?
>>>【関連記事】隅田川花火大会を見るならやっぱり屋形船!値段や予約方法もご紹介!
>>>【関連記事】隅田川花火大会 混雑攻略のアクセス術&おすすめ場所取りスポットは時間は?
>>>【関連記事】隅田川花火大会を満喫するには有料席の申し込みからはじめよう!
>>>【関連記事】隅田川花火大会のカップルにおすすめの厳選!穴場スポット!

スポンサードリンク

隅田川花火大会の日程は?

今年で第39回を迎える隅田川花火大会。

今年2016年の日程は下記のとおりとなっています。

第39回隅田川花火大会の日程詳細

●開催日時:2016年7月30日(土) 19:05~20:30
※荒天時の場合は、7/31(日)に延期。
※7/31も荒天の場合は中止。

●開催場所:
第一会場 桜場下流~言問橋下流
第二会場 駒形橋下流~厩橋上流

●打ち上げ数:20000発(第一会場 9350発・第二会場 10650発)

●昨年の人出数:965,000人

●交通:
【電車】

【第一会場】東武鉄道・東京メトロ・都営地下鉄「浅草」駅から徒歩約15分
【第二会場】東武鉄道・東京メトロ・都営地下鉄「浅草」駅から徒歩約5分、都営地下鉄「蔵前」駅から徒歩5分

●駐車場:なし

●お問い合わせ先:03-5608-1111(隅田川花火大会実行委員会事務局)

●公式HP:http://sumidagawa-hanabi.com/index.html

隅田川花火大会 第一会場

隅田川花火大会 第二会場

隅田川花火大会のプログラムは?

第一会場
19:05~ 花火大会スタート
隅田川花火大会のオープニングを飾る1000発以上の打ち上げ花火やスターマインなどで一気に会場の雰囲気を盛り上げます。

19:40~ コンクールスタート
国内トップクラスの10社が、誇りをかけた20発の花火を夜空に花咲かせます。

20:25~ フィナーレ
両会場で一気に行われるフィナーレは、スターマインの連射など1000発以上の花火が一気に打ち上がる様子は、日本を代表する花火大会である隅田川花火大会のクライマックスにふさわしい圧巻の迫力があります。

第二会場
19:30~ 花火大会スタート
第一会場から少し遅れて第二会場での花火大会がスタートします。
第二会場でも、第一回会場に負けじと、約5分間で1000発の花火を打ち上げ、会場を盛り上げます。

20:25~ フィナーレ
両会場で一気に行われるフィナーレは、スターマインの連射など1000発以上の花火が一気に打ち上がる様子は、日本を代表する花火大会である隅田川花火大会のクライマックスにふさわしい圧巻の迫力があります。

隅田川花火大会は、江戸時代の「両国川開き」を起源とする日本最古の花火大会です。

その昔、1732(享保17年)年に飢餓や疫病などで多くの人が亡くなり、徳川幕府8代将軍吉宗(暴れん坊将軍でお馴染みの^^)さんの命により、翌年1733年に慰霊を目的とした「水神祭」を隅田川で行ったのです。

その際に、周辺の料理屋で打ち上げた花火こそが、隅田川花火大会の起源とされ、江戸時代から現代に至るまで、江戸っ子たちに愛され続け、受け継がれてきている歴史ある花火大会なのです。

現在では、毎年100万人近い観覧者を集める東京屈指の人気の花火大会としても有名で、隅田川や東京のビル群、そして東京スカイツリーまでも競演し、ココでしか見られない日本最古の花火を毎年多くの観客に感動とともに届けてくれます

>>>【関連記事】隅田川花火大会 混雑攻略のアクセス術&おすすめ場所取りスポットは時間は?
>>>【関連記事】隅田川花火大会を見るならやっぱり屋形船!値段や予約方法もご紹介!
>>>【関連記事】隅田川花火大会 混雑攻略のアクセス術&おすすめ場所取りスポットは時間は?
>>>【関連記事】隅田川花火大会を満喫するには有料席の申し込みからはじめよう!
>>>【関連記事】隅田川花火大会のカップルにおすすめの厳選!穴場スポット!


スポンサードリンク

隅田川花火大会の第一会場と第二会場の違いは?

隅田川花火大会は、名前のとおり隅田川の河川敷で打ち上げられます。

隅田川はそれほど川幅が広くないうえに、周りは東京のビル群がそびえ立ちます。そのため、花火の打ち上げ場所は、第一会場第二会場2か所で打ち上げられ、それぞれ見どころがありつつ競演するように打ち上げが進んでいくのが隅田川花火大会のおもしろさでもあります。

でも、見る側としては、「第一会場と第二会場どちらで見るのがいいの?」、「どういう違いがあるの?」と疑問に思うのも正直なところ。

そこで、下記に第一会場と第二会場のそれぞれの特徴やポイント&違いについてご紹介します。

隅田川花火大会の第一会場の場所や最寄り駅は?

●場所:桜橋下流~言問橋下流
●最寄り駅:東武鉄道・東京メトロ・都営地下鉄「浅草」駅から徒歩約15分

第一回会場は、桜橋の近くにあり、花火の打ち上げは、桜橋下流~言問橋下流付近です。

第一会場の特徴としては、オープニングを飾る花火が見られるところ!スターマインを中心に1000発以上の花火が連続で打ち上がるオープニング花火は、興奮とともに花火大会の幕開けを真っ先に味わえるおすすめポイントでもあります。

そして、もうひとつのポイントは、国内トップクラス10社が競い合うコンクールが実施され、最新技術を生かした作品が観賞できるのが第一会場ならではの特徴です。

花火職人さん達の渾身の花火作品は、毎年趣向を凝らした最新の花火が見られ、芸術度の高い花火が楽しめます。

隅田川花火大会の第二会場の場所や最寄り駅は?

●場所:駒形橋下流~厩橋上流
●最寄り駅:東武鉄道・東京メトロ・都営地下鉄「浅草」駅から徒歩約5分、都営地下鉄「蔵前」駅から徒歩5分

第ニ会場は、駒形橋と厩橋の間に位置しています。

第ニ会場のポイントとしては、創作花火やスターマインなど華やかな連続花火が見れるところ

そのため、第一会場よりも第二会場のほうが打ち上げ数は多め&第一会場よりも開始時間が遅いのにも関わらず、1000発以上も打上数が多く大迫力の花火を見ることが出来ます

内容の濃い花火が打ち上がるので飽きない迫力ある花火を求める人にはピッタリです。

隅田川花火大会 第一会場と第二会場どっちがおすすめ?

人出は、アクセスが良好で東京スカイツリーや浅草などの人気エリアから近い第一会場のほうが多めです。

とはいえ、東京屈指の人気を誇る花火大会ですので、第一会場よりも混雑は少なめと言っても、第二会場も混雑は必至です。

でもやはり、おすすめは、第一会場を目指して東京屈指の人気を誇る隅田川の花火を余すところなく見たいところですね!

人気を誇るだけの花火だけあって、場所取りなども毎年、激戦ではありますが、しっかり準備して臨めば花火を堪能できるところもありますよ!

第二会場は、比較的ゆっくりと見たい人にはおすすめですが、場所取りも早めに行うほうが最良ポイントを確保できます。

>>>【関連記事】隅田川花火大会 混雑攻略のアクセス術&おすすめ場所取りスポットは時間は?
>>>【関連記事】隅田川花火大会を見るならやっぱり屋形船!値段や予約方法もご紹介!
>>>【関連記事】隅田川花火大会 混雑攻略のアクセス術&おすすめ場所取りスポットは時間は?
>>>【関連記事】隅田川花火大会を満喫するには有料席の申し込みからはじめよう!
>>>【関連記事】隅田川花火大会のカップルにおすすめの厳選!穴場スポット!

まとめ

スポンサードリンク

第一・第二どちらもしっかりと違いをチェックして、場所取りも含めて混雑攻略の作戦を練って参戦したいところですね。

おすすめ記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ