岡崎城下花火大会2016年の日程は?穴場情報&おすすめ場所取りスポットは?

岡崎花火2016

江戸時代から受け継がれる三河花火の匠の技が集結する「岡崎城下家康公夏まつり」の花火大会。

市内2か所の河川敷から豪華絢爛な花火が打ち上がります。

「乙川会場」では珍しい花火やバラエティ豊かな花火が、「矢作川会場」では尺玉などの大玉が夜空に大輪を咲かせます。

岡崎城と三河花火のコラボは必見です!

今回は、岡崎城下家康公夏まつり花火大会2016年の日程や混雑攻略のアクセス術、穴場情報&おすすめの場所取りスポットをご紹介します。

スポンサードリンク

岡崎城下花火大会2016年の日程は?

三河花火発祥の地で受け継がれる花火職人の匠の技を堪能できる花火大会の日程の詳細は下記のとおりです。

岡崎城下家康公夏まつり第68回花火大会の日程の詳細は?

●開催日時:2016年8月6日(土) 18:50~21:00
※雨天決行、荒天時は8/7(日)に延期

●開催場所:乙川河畔(殿橋下流)・矢作川河畔

●打ち上げ数:未公開

●昨年の人出:480,000人

●交通:
【電車】

名鉄「東岡崎駅」または「岡崎公園前駅」下車、徒歩約10分
JR「岡崎駅」下車、名鉄バス利用で「東岡崎」下車、徒歩約10分
JR「岡崎駅」下車、愛知環状鉄道に乗換「中岡崎駅」下車、徒歩約10分
愛知環状鉄道「中岡崎駅」下車、徒歩約10分

●駐車場:無し

●お問い合わせ先:0564-23-6216(岡崎市観光課)

●公式HP:http://okazaki-kanko.jp/event/1693.html

乙川会場

矢作川会場

岡崎城下花火大会の主なスケジュール

  • 18:55頃~ オープニング
  • 19:36頃~ メロディースターマイン(乙川会場)
  • 19:40頃~ 岡崎花火組合 百花園コンクール(矢作川会場)
  • 19:50頃~ 金魚花火(乙川会場)
  • 20:24頃~ 銀滝(矢作川会場)
  • 20:30頃~ 大のし(乙川会場)
  • 20:42頃~ ワイドミュージックスターマイン(矢作川会場)
  • 20:53頃~ クライマックス(乙川会場)

岡崎花火 会場案内図

岡崎城下花火大会の混雑攻略のアクセス術は?

岡崎城下家康公夏まつりは、7月30日・31日・8月4日~7日で開催され、お祭りの目玉でもある花火大会には、毎年多くの観覧者が訪れます

岡崎城下家康公夏まつり花火大会は、2か所の会場で打ち上がり人の流れが分散しますが、毎年48万人もの観覧客が訪れますので、花火大会の開催時間に近づくにつれドンドン混雑します。

特に名鉄「東岡崎駅」は非常に混雑しますので、できるだけ他の駅・他の路線に分散しての来場がおすすめです。

尚、向かう会場によって最寄り駅が変わりますので、行きたい会場に合わせて駅を変えるのも混雑回避には有効です。


スポンサードリンク

乙川会場で観覧の場合
・名鉄名古屋本線「東岡崎駅」下車・「岡崎公園前駅」下車、徒歩10分

・愛知環状鉄道「中岡崎駅」下車、徒歩10分

・JR東海道本線「岡崎駅」下車、愛知環状鉄道に乗り換えて、「中岡崎駅」下車、徒歩10分

矢作川堤防 左岸(川の東側)で観覧の場合
・名鉄名古屋本線「岡崎公園前駅」下車、徒歩10分

・愛知環状鉄道「中岡崎駅」下車、徒歩10分

矢作川堤防 右岸(川の西側)で観覧の場合
・名鉄名古屋本線「矢作橋駅」下車、徒歩15分

また、花火大会終了後は、多くの方々が一斉に駅に集中すため、最寄駅は非常に混雑し「おしくらまんじゅう状態」になります。

大きな花火大会での帰りの混雑攻略のアクセス術は、とにかく「時間をずらす」が鉄則です。

花火大会終了後は、駅に向かう人の波に乗らず、その場や周辺の飲食店などで時間を潰してから、人の波が落ち着いた頃合いを見計らって動き出すのが賢明です。

岡崎城下花火大会の交通規制情報!

岡崎城下花火大会の当日は、会場周辺及び市内で交通規制が行われます。

岡崎花火 交通規制図

岡崎城下花火大会の穴場情報&おすすめ場所取りスポットは?

岡崎城下家康公夏まつり花火大会当日に特に混雑するのは、「殿橋」周辺「桟敷」後方の道路周辺です。

間近で花火を見ることができる人気の高いスポットですので早めに現地入りして確保しておきたい場所です。

また、混雑を避けるのであれば、多少遠回りになってもこの2か所を避ければ比較的スムーズに移動することができます

なお、「乙川会場」は例年大変混雑しますので、ゆったり花火観賞をしたい人、人混みが苦手な人は、「矢作川堤防」へ行かれることをおすすめします。

「矢作川会場」では、仕掛花火や金魚花火は見れませんが、スターマインや10号玉の打上げが間近で見ることができ、十分楽しめます。

また、その他のおすすめスポットをご紹介します。

●岡崎公園

乙川会場に近い公園愛のグラウンドでは、迫力のある花火を堪能できる人気スポットです。

混雑は避けられませんが、交通規制前に現地入りできれば比較的よい場所を確保できます。

また、駐車場や岡崎公園バス駐車場も観覧エリアとして解放されますので、クッション性の高いシートや座布団を持参すれば快適に花火を楽しめます^^

●乙川河川敷テニスコート

明神橋近くのテニスコートが花火大会当日観覧エリアとして解放されます。

屋台エリアから少し離れているので、先に場所取りをしてから買い出しに行くのがするのがおすすめ。

16時ごろから徐々に混み始めるので、よい場所を確保するには早めに到着しておきましょう。

●篭田公園

乙川会場から少し離れた場所にある公園で、花火の迫力には欠けますが、キレイに花火を見ることができます。

ただし、場所取りするときは木々や障害物が邪魔になる場所もあるので、確認してから確保しましょう。

●岡崎中央総合公園

打ち上げ会場から少し離れますが、小高い丘の上にあるので、岡崎市街の夜景とともに花火を一望できる穴場スポットです。

駐車場も1500台停めれますので、お子様連れの方におすすめのスポットです。

まとめ

スポンサードリンク

江戸時代から続く三河花火の匠の技を堪能できる岡崎城下家康公夏まつり花火大会で夏の感動を味わってくださいね^^

おすすめ記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ