バレンタインデー

片思い本命バレンタインメッセージ!男性が困るNGなこと&心を掴む言葉とは?

もうすぐバレンタイン。

大切な人に贈るバレンタインに、心に響くメッセージも添えて贈りたいものですね。

大切な相手だからこそ、想う気持ちはいっぱいあるのに、いざ書こうとするとすごく迷ってしまう・・・。

そこで今回は、片思い本命バレンタインメッセージ&バレンタインで男性が困ることについてもリサーチしてきましたので、それを知ったうえでの成就率アップの例文についてご紹介します。

あなただけの素敵なメッセージ作りの参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

片思い本命彼へのバレンタインメッセージのポイントは?

片思い本命バレンタインメッセージ

片思いの人に、自分からアプローチをするのはとても勇気がいるもの。

ですが、バレンタインデーは気になる人へ気持ちを伝えるまたとないチャンス!

この機会に勇気を振り絞って精一杯の気持ちを伝えたい!

ですが、ただチョコレートを渡すだけでは「どうせ義理かも」とスルーされてしまう可能性も・・・。

片思いの彼へ本命チョコを渡すなら、チョコレートに添えるメッセージカードは大事なポイントになってきますので、気合いを入れて準備したいもの。

このバレンタインメッセージの記事を書くにあたり、やはり男性陣の生の声もしっかり聞いてみたい!と思い、聞いてきましたのでご参考に!

男性陣にバレンタインの話を聞いていると下記のような困ってしまうことについての意見も多かったですよ。

バレンタインメッセージで男性が困ることとは?

いきなり告白する

★まったく知らない人からの告白は「えっ!なんで!?」と、ちょっと困るかも。
★お互いあまり知らないのに「好き」といわれても「自分の何を知って好きっていってるの?」とか「本当に自分のことが好きなのか?」と戸惑ってしまう。
★あまり意識していなかった女の子だと、嬉しさもあるんだけど、まずはお互い知ることから始めたい。

この声を聞いて「そうだよねー。」と、思わずうんうんと同意^^。

「告白」する時には、相手とのある程度の関係性も重要です。

あまりにも早いタイミング、つまり自分に対して好意があるかどうかわかっていない段階で告白するのは危険すぎます。

これは、男性に限らず女性でも同じですよね?

まったく知らない相手からいきなり告白されても、どんな人か分からないので困ってしまって「どうしよう」と思うし、最悪の場合、「ちょっと怖いかも・・・」といった心情にならないとも限りません。

「いきなり告白されると、その子のことを知る前に、YESかNOかの答えを求められてるみたいで、結局断ることしかできない」という意見もありました。

スポンサーリンク

「好き」の前に「相手を知りたい」という感情もあるもの。

相手との関係性によっては「告白」よりも、まずは「距離を縮める」、「相手に自分を知ってもらう」といったメッセージのほうが相手にも伝わりやすくなります。

例えば、「まずは友達として仲良くなりたいです」や「連絡先を交換しませんか?」といったメッセージなら、相手の方も返事がしやすくなりますよ。

ある程度の関係性として「友達」または「友達以上恋人未満」の関係性になってから「告白」というステップを踏むようにするのがいいかもしれませんね。

「好きです」としか伝えない

★「好き」と伝えたかっただけなのかな?と思ってこちらから動きにくい。
★「ありがとう」としか返せなくて困る。
★例えば、「好きだから付き合ってください」など「どうしたいのか?」がないとどうすればいいのかわからない。

「好き」といわれて悪い気はしないという声が圧倒的だったのですが、それと同時に「好き」だけだと「こちらはどうしたらいいのかわからなくて困る」といった声もありました。

特にバレンタインの時は、『バレンタイン=女性から告白する日』という認識が強く、「どうしても受け身になってしまう・・・。」といった声も多く、「自分から積極的にいくのは違うのかな?」、「変に勘違いしたくない」と、戸惑いもあるようです。

「好きの言葉だけで十分でしょう!」と女性の私は声を大にして言ったのですが^^;

男性陣曰く、「男は、宙ぶらりんみたいなのが苦手」、「基本的に男は子どもだからね」とのこと。

「好き」はとにかく嬉しいし、一生懸命の告白だとわかるんだけど、その後がないとどう行動していいのか悩んでしまう。

例えば、「こっちからごはんに誘ったほうがいいのか?」、「こっちから告白したほうがいいのかな?」、はたまた「このまま流しておいてもいいのな?」など、どうしていいかわからなくて終いには分からなくなって放棄してしまうこともあるそうです。

女性からしたら「ひどい!!」しかないですが、やはり、男性の心理を知ったうえでの作戦は大事かもなと、男性陣の話を聞いて改めて思わされましたね^^;

ですので、「好き」の一言だけではなく、「返事ください」や、「好きなので付き合ってくれませんか?」、「連絡先交換してください」、「今度食事でも行きませんか?」などを合わせて伝えるといいでしょう。

男性って、次の行動にいきやすいような言葉がついてるとわかりやすくて、答えも出しやすい。

そして、それに対する答えを出しやすいから、「好き」だけじゃなく、「どうしたいのか?」がわかるほうが対応しやすいんでしょうね。

長文&まわりくどいもの

★長文は正直しんどい。
★ちょっと付き合うとなると重いのかな?とか勘ぐってしまう。
★長文のラブレターをもらったことがあったけど、何を言いたいのか堂々巡りしててよくわからなかったことがあって、結局「ごめん」しか言えなかった。
★一生懸命書いてくれたことはわかるけど、自分はシンプルなほうが好き。

長文やまわりくどい文章は、男性陣にもあまりいい印象がないことがわかりましたね。

スポンサーリンク

これも、「そうだよねー。」と、思わずうんうんと同意してしまいました^^。

告白ってシンプルにわかりやすく、ストレートなほうが潔くて「ズドンッ!!」と心に響くし届くもの。

自分の気持ちを綴ることは悪いことではないんですが、長々と書いても結局は自己満足になりがちにもなるものなので注意したいですね。

また、男性陣の中に「○○くんとなら付き合ってもいいかなと思ってます」といった告白を受けた人がいたんですが、『その子にちょっと好意をもってたんだけど、なんか上から目線な感じだし、妥協して俺に告白してるの!?みたいな感じもしちゃって、ただただがっかりして今でもトラウマ』との切実なご意見も。

告白って恥ずかしいものだからこそ、その女の子もちょっとストレートな言い方を避けたのかな?とも思えるんですが、結果として相手をガッカリさせてしまっているのはNGかもしれませんね。

男性陣に話を聞いて思ったのが、「相手のことを考えて行動する」ことが何よりも大切だということ。

これって、男性女性というのは関係なくて、どんな人間関係にも通じることです。

自分の気持ちを押し付けるようなことよりも、相手のことを考えたり、知ろうとしたり理解しようとする思いやりのある言動を心がけたいものですね。

男性陣がバレンタインで困ってしまうことについての意見のほかにも、「バレンタインにこんなメッセージもらうと嬉しい&キュンとする」についても聞いてきたので下記をご参考に!

男性はバレンタインにこんなメッセージもらうと嬉しい&キュンとする

「好き」とストレートに告白

★すっごい緊張して勇気を出して言ってくれたんだろうなってわかるから、ただただ尊い。
★とにかく嬉しい。
★好きな人やいいなって思ってる子からだったら、もう全部もっていかれる。
★「好き」って真っ直ぐに伝えてもらうと、それだけで好感をもってしまう。

やはり「好き」、「好きです」と、ド直球&ストレートに告白されるのが何よりも嬉しいと思う男性が大多数でした。

好きなポイントがわかる告白

★「ときどき見せる少年のような笑顔が好きです」と言われて嬉しすぎてずっと顔がゆるんでた。
★「何か手伝おうか?といつもさりげなく声掛けをしてくれる優しさに惹かれた」って聞いて、ちゃんと自分のことをしっかり見てくれて好きになってくれたんだなって嬉しかった。

男性陣の話を聞いていて思ったのが、「男性って意外と褒めてもらえないらしい」ということ。

だからなのか、褒めてもらえたり、共感してもらえたりすると、心底嬉しいんだなということがわかりました。

「具体的に好きなポイントを言われると、ちょっとその後もその子の事が気になっちゃって、結局好きになってしまった」というご意見も。

それまでは意識してなかった場合も、意識し出したり、2人の仲がグッと距離が縮まるきっかけにもなりやすいかもしれませんね。

片思い本命彼へのバレンタインメッセージ!成就率アップの例文は?

上記のバレンタインで男性が困ること&もらうと嬉しいメッセージを参考に成就率アップのバレンタインメッセージを下記にご紹介しますのでご参考に!

メッセージは長くなると、何を伝えたいのかよくわからなくなりがちにもなるので、シンプルに伝えたいことをしっかりと書くことを意識しましょう!

あまり親しくない間柄の場合の例文

突然ですみません。
委員会で話した時、とっても楽しくて、
○○君の事をもっと知りたいと思ってしまいました。
もっと仲良くなれたらいいなと思ってます。
よかったら連絡先を交換してもらえませんか?
突然ですみません。
〇〇さんのさりげない気配りに
いつも助けられています。
もしよかったら今度ゆっくりお話ししませんか?

ポイント

上記は、もしかしたら自分のことを知らない可能性もある時や相手とあまり接したことがない場合などに使える例文です。

間柄によっては、「突然ですみません」などの前置きがあると相手にも好印象なものです。

知り合い&友達程度の間柄の場合の例文

実はずっと気になっていたんです。
○○さんのことをもっと知りたいし、
私のことも知って欲しいと思っています。
もしよかったら連絡先を交換してもらえませんか?
○○君と話してると、
時間があっという間に過ぎてしまう。
気づいてくれないからハッキリ言うね。
好きになってもいいですか?

ポイント

上記は、今の関係からあと一歩前進したい時に使える例文です。

「ずっと気になっていた」や、「気づいてくれないからハッキリ言うね」などのフレーズは男性陣もグッとくると好評でした^^

相手のことをよく知っている間柄の場合の例文

好きになってしまいました。
よかったら付き合ってくれませんか?
ずっと前から好きでした。
付き合ってください。
ずっと前から好きでした。
もしよかったら彼女にしてください。
あなたのことが大好きです。
付き合ってください。
気付いてるかもしれないけど、
初めて会ったときから好きでした。
付き合ってください。
いままでずっと言えなかったけど、大好きです。
もしよかったら付き合ってくれませんか?
実は〇〇さんのことずっと好きでした。
私じゃダメですか?
〇〇君が好き。
ずっと一緒にいたいです。
好き。
〇〇君の特別な人になりたいです。
世界で一番〇〇くんのことが好き。
ずっとずっと一緒にいたい。
今まで出会ったなかであなたのことが一番好き。
〇〇君の彼女にしてくれませんか?

まとめ

今回、男性の声を聞いてみて思ったのですが、男性の心もわかりにくいものですね^^;お互い様かもしれませんが・・・。

異性はわからないから面白いし、惹かれてしまうものなのかもしれませんね。

バレンタインなどのイベントは、自分の想いを伝えるチャンスでもあります。

みなさんに素敵なバレンタインとなりますように☆

  • この記事を書いた人

あゆみ

私は、主に生活&暮らし、ペットやお出かけ記事を担当させてもらってます。 毎日の生活のなかには新たな発見がたくさんある!! 少しでもお役に立てるような記事をご紹介していきたいと思います。 詳しいライタープロフィールはこちら

-バレンタインデー
-,

Copyright© 暮らしのNEWS , 2022 All Rights Reserved.