関西の花火

天神祭花火大会2019年の日程は?地元民が教える混雑回避のアクセス方法や穴場情報をご紹介!

投稿日:

天神祭2016

関西の夏を代表する花火大会といえば「天神祭奉納花火大会」

関西では「天神さんの花火で夏がはじまる」というほど、関西の本格的な夏のはじまりを感じさせる馴染み深い花火大会でもあります。

毎年130万人以上の人出を誇る天神祭の最終日は、約5000発の花火が大阪の夜空を彩ります。

天神祭の花火と言えば大阪天満宮オリジナルの紅梅花火や仕掛け花火、そしてフィナーレを飾るスターマインと花火の盛り上がりも楽しみのひとつ。

関西でも歴史のある天神祭の花火は混雑必須でもあるのでしっかり準備して花火を楽しみましょう。

今回は、天神祭花火大会の日程&地元民が教える混雑回避のアクセス方法や穴場情報をご紹介します。

スポンサーリンク

天神祭花火の日程の詳細は?

関西の夏を代表する夏祭り「天神祭」の今年2019年の日程は下記のとおりとなっています。

開催日 2019年7月25日(木)

※荒天時は中止

時間 19:30~20:50
開催場所 大阪市北区桜ノ宮公園・川崎公園・大川周辺一帯
打ち上げ数 約5,000発
交通 【電車】
◆JR環状線「桜ノ宮」駅下車、徒歩約10分
◆JR東西線「大阪城北詰」駅下車、徒歩約15分
◆JR環状線「天満」駅下車、徒歩約20分
◆大阪市営地下鉄・谷町線「天満橋」下車 、徒歩約15分
◆京阪「天満橋」下車 、徒歩約15分
【バス】
◆大阪市営バス(36系統)「桜の宮橋」下車、徒歩約5分
◆大阪市営バス(78系統)「中野町四」下車、徒歩約5分

※当日は会場周辺で交通規制あり

駐車場 なし
お問合せ 06-6353-0025(大阪天満宮)
公式HP http://www.tenjinmatsuri.com/

天神祭は、7月23日~7月25日の3日間にわたって開催され、その締めくくりとして天神祭奉納花火が打ち上げられます。

天神祭の歴史は1000年以上の歴史あるお祭りで日本三大祭りとしても有名ですね。

大阪の中心地で打ち上げられることもあり、ビルのイルミネーションと花火のコラボが見れるところも天神祭の見どころです。

また打ち上げ場所の大川に浮かぶ船渡御のかがり火などの幻想的な風景も楽しめたりと大阪の夏を一気に盛り上げてくれる関西では必見の花火大会です。

天神祭奉納花火大会のプログラムは?

  • 19:30~
    花火大会開催と同時に大阪天満宮のオリジナル紅梅の花火がオープニングを飾ります。天神祭でしか見れないオリジナル花火ですので必見ですよ!
  • 20:00~
    スターマインや文字花火や仕掛け花火が中盤を盛り上げます。
  • 20:30~
    フィナーレは、桜之宮公園北側と川崎公園付近の2か所同時に打ち上げられる迫力度マックスのスターマイン!
    会場周辺を美しく鮮やかに輝かす迫力は必見ですよ!

天神祭の花火 地元民が教える混雑回避のアクセス方法は?

天神祭と言えば、混雑必須の花火大会ですので、車で行くよりも公共の交通機関がおすすめです。

天神祭奉納花火大会会場周辺の最寄り駅は?

◆JR環状線「桜ノ宮」駅下車徒歩約10分

◆JR東西線「大阪城北詰」駅下車徒歩約15分

スポンサーリンク

◆JR環状線「天満」駅下車徒歩約20分

◆大阪市営地下鉄・谷町線「天満橋」下車徒歩約15分

◆京阪「天満橋」下車徒歩約15分

上記のなかでも最も混雑するのが【JR環状線「桜ノ宮」駅】です。

特別観覧席や迫力のある絶景の花火が味わえる人気の観覧スポットでもある桜之宮公園北側エリアに最も近い駅になるため、大変な人で混み合います。
次に混雑が多いのが、南側エリアに位置する【大阪市営地下鉄・谷町線「天満橋」】や【京阪「天満橋」】が隣接する「天満橋」駅です。

各、最寄り駅の利用の際には混雑具合や混雑回避の方法を知っておくとある程度ゆとりを持って動けますので事前に混雑回避のチェックポイントを抑えておきましょう

JR環状線「桜ノ宮」駅の混雑回避ポイントは?

◆行き
天神祭で最も混雑する駅ですので、混雑を避けるのであれば早めの現地到着は鉄則です!

夕方17時過ぎ頃から混雑が増え、18時過ぎ頃には「西口」側などは警察官も動員され大変な混雑になります。

混雑を避けるのであれば17時には現地到着して、西口ではなく「東口」を利用するのがおすすめです。

◆帰り
行きもですが帰りも花火終了直後は混雑必須です。

京橋駅方面の人は「東口」、大阪駅方面に帰る人は「西口」へと誘導されますが、駅に入るまでに大変な混雑のため、電車に乗るまでに相当の時間が掛かります。

混雑を避けたい場合や、待つのが嫌であれば、【JR東西線「大阪城北詰」駅】を目指すのもおすすめです。また少し距離がありますが歩けるのであれば【JR・京阪「京橋」駅】を利用するのもおすすめです。

「天満橋」駅の混雑回避ポイントは?

◆行き
花火大会会場の南側エリアの最寄り駅となる「天満橋」駅を利用する場合も、混雑を避けるのであれば早めの現地到着は鉄則です!

遅くても夕方17時頃には駅に到着しておくのがおすすめです。

◆帰り
花火終了直後は混雑必須です。

帰りの混雑を避けるのであれば、【JR・京阪「京橋」駅】を利用するのもおすすめです。

地元民が教える混雑回避のおすすめ駅は?

  • JR東西線「大阪城北詰」駅
  • 花火会場に最も近い駅なんですが、実は意外と穴場な駅なんです。

    南側エリアに近いため人気の高い北側エリアに比べ混雑は比較的緩めです。また、駅周辺に飲食店や出店もないため、飲食を楽しみながら向かう人は他の駅を利用する人が多いようです。

  • JR・京阪「京橋」駅
  • 「京橋」駅から会場までは他の駅に比べれば多少歩くことにはなりますが、混雑を避けるのであればおすすめです。

    駅から会場に向かう道もいくつもあるので、人が分散するのでそこまでのストレスを感じないのもおすすめポイントです。

  • 大阪市営地下鉄谷町線「天満橋筋六丁目」駅
  • こちらも花火会場から20分程度歩きますが、混雑を避けるのであればおすすめの駅です。

会場周辺の駅は、夕方17時以降は混雑必須ですので、ちょっと離れた駅を利用して歩いて会場入りするのが混雑回避にはおすすめです。

ポイント

なお、上記の3つの駅は、帰りの混雑も比較的少ないので、帰りも混雑回避を狙うならおすすめの駅です。

また、帰りの駅は大変な混雑ですので、帰りの切符は行きの時に買っておく・ICカードのチャージを事前にしておくなど駅構内での混雑を避ける対策も事前にしっかり取っておきましょう。

スポンサーリンク

天神祭の花火 地元民が教える穴場情報をご紹介!

藤田邸跡公園

花火会場の南側エリアは北側に比べ比較的混雑も少なめなので、混雑を避けて花火を見るならおすすめのスポットです。

場所によっては見れない花火もありますが、大川を行き交う船渡御のかがり火なども見れて天神祭の雰囲気は十分味わえます。

都島橋

天神祭は、西や南よりも北や東側がおすすめ!

少し離れますが都島橋周辺もおすすめの穴場スポットです。北側の打ち上げ近くの源八橋は混雑のため立ち止まり禁止ですが、都島橋はゆっくり見れますよ!

都島公園

花火会場の東側のおすすめとして、会場から少し離れますが都島公園もおすすめです。

公園内でも東側エリアを狙いましょう。離れた花火になりますがしっかりと花火を楽しめます。

シートや椅子を持って行くのを忘れずに!

大阪市立総合医療センター近くの公園

花火会場の東側のおすすめ公園です。

東側であれば大きなビルは比較的少ないので、このへんの公園でも花火が見れますよ!

都島消防署近くの公園

こちらの公園もおすすめです。

周辺が駐車場などで邪魔するものが比較的少ないのも魅力!シートや椅子を用意してのんびり花火を楽しみたい人におすすめ!

まとめ

天神祭の花火大会は、関西でも一番の人出を誇る花火大会ですので、混雑を避けるのであれば、事前にしっかり準備や情報収集して見に行きましょう!
関西の夏を感じるおすすめの花火大会ですよ!

-関西の花火
-,

Copyright© Today's Trend News , 2019 All Rights Reserved.