中秋の名月とは?仲秋の名月との違いは?何をするの?

中秋の名月
9月の涼しい季節になると、「中秋の名月」がやってきます。

中秋の名月は月のことを指すのはイメージできますが、その意味を詳しく知っていますか?

今日は、中秋の名月とは?仲秋の名月との違いは?何をするの?についてご紹介します。

>>>【関連記事】お月見うさぎの由来は?なぜ餅つきしているの?

スポンサードリンク

中秋の名月とは?

旧暦8月15日の夜の月のことを「中秋の名月」、「十五夜」と呼びます。

「十五夜」とは、本来「満月」のことで、1年に12~13回廻ってくるのですが、なぜ、9月の月を「十五夜」と呼び、特別にするのでしょう?

それは、昔、旧暦の8月は1年の中で最も空が澄みわたり月が明るく美しいとされており、平安時代から「観月の宴」が開催されていました。そして、江戸時代になると「収穫祭」として広く親しまれるようになり、十五夜といえば旧暦の8月15日を指すようになったのです。

そもそもの由来は中国が起源で、中国の風習が平安時代に日本に伝わり「観月の宴」が催されるようになったのです。

当時の貴族たちは、月を愛でながら和歌を詠んだりして宴を楽しんだと言われています。自然の移ろいを感じ、風情を楽しむことが当時の娯楽だったのです。

そして、「中秋の名月」とは、「秋の真ん中に出る満月」という意味があり、昔の暦では1~3月を春、4~6月を夏、7~9月を秋、10~12月を冬としていました。
中秋というのは読んで字の如く「秋」の「中」、つまり旧暦の八月のことを言うのです。

このように、「十五夜」と「中秋の名月」はともに、旧暦の8月15日の夜の月のことを指すようになったのです。

中秋の名月 2016年はいつなの?

今年、2016年の中秋の名月は「9月15日(木)」です。


スポンサードリンク

中秋の名月と仲秋の名月の違いは?

漢字の書き方で「中秋」「仲秋」という二語が用いられる場合があります。

「中秋の名月」は、秋のちょうど真ん中の日を中秋といい、旧暦の8月15日が中秋にあたります。そのため、「8月15日の名月」という意味になります。

次に、「仲秋の名月」は、昔の暦では1~3月を春、4~6月を夏、7月~9月を秋、10~12月を冬とし、季節の真ん中の月(春なら2月、夏なら5月、秋なら9月、冬なら11月)に「仲」をつけて呼ぶ言葉がありました。「仲春」といえば2月、「仲夏」といえば5月、「仲冬」といえば11月を指します。

そして、その秋の7月~9月の秋なかの、7月を初秋、8月を仲秋、9月を晩秋と言ったのです。つまり仲秋とは8月の別称で、「8月の名月」という意味になります。

本来の意味からすると「仲秋の名月」よりも「中秋の名月」を用いるほうが適しているとされていますが、時代とともにその区別も厳密ではなくなり、「仲秋」も「中秋」も同じ意味として使われることも多くなっています。

ですので、どちらを使用しても間違いということはありません。

>>>【関連記事】お月見うさぎの由来は?なぜ餅つきしているの?

中秋の名月には何をするの?

中秋の名月には月を愛でる意味で、「お月見」などが一般的です。

お月見と言えば、山盛りの月見団子と、ススキではないでしょうか?

お月見にお供え物をするのは、「収穫祭」としての役割りから来ています。最初は、9月頃に収穫される「芋」をお供えしていましたが、その後、米を使った団子がお供えされるようになりました。丸いお団子は月に似せてあるんですよ!

また、そのお団子をピラミッド状に山盛りにするのは、お供え物を高く積み上げて感謝の気持ちが月に届くようにという考えから、月見団子を高く積み上げるようになりました。

お月見団子は、お供えする数も色々と説があります。

1年の満月の数として12個、閏年には13個を供えたり、十五夜だから15個といったものもあります。

昔は農耕民族として、自然の恩恵を受けて生きていたため、農作業の基準として暦はとても大切なもので、重宝されるものでした。ですので、満月の数や新月から何日目の月なのかといったことを大切にし、大きな意味があったのです。

そして、ススキは魔除けの力があるとされていて、お団子と一緒にお月見の時にはお供えされていたのです。

このように、昔はお月見といっても、月を愛でながらも、月に収穫の感謝を表す信仰的な意味合いもあったのです。

では、現在では何をするのか?
昔からの風習を踏まえて、月が見える場所にお団子やススキを飾ったり、月を見ながら食事をしたり、月を見ながらお酒を飲んだり。人それぞれの形で中秋の名月を過ごすようになりました。

大切なのは、中秋の名月の意味や由来を知り、自然とともに共存する古来からの歩みを感じ、実りへの感謝を忘れないことだと思います。

>>>【関連記事】お月見うさぎの由来は?なぜ餅つきしているの?

まとめ

中秋の名月についてご紹介しました。

秋は実りの秋でもあります。現在でも人間は、生きるために多くの自然の実りを口にして日々を過ごしています。

スポンサードリンク

中秋の名月に古来からの意味合いを知り、月を見上げながら感謝の気持ちを伝えるのもいいかもしれませんね。

おすすめ記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ