風邪の時のお風呂はいけないの?早く治す正しい入り方はコレ!

小さい頃、「風邪の時は、お風呂はやめておきなさい。」と母親に言われていました。

これは日本中でよく言われていたようで、現在でも風邪の時の入浴は厳禁!と思っている方が多いようです。

でも、西欧では風邪の時こそお風呂に入って早く治すのが常識となっています。

結局、風邪の時のお風呂はいいの?悪いの?そんなあなたの疑問にお答えします。

スポンサードリンク

風邪の時のお風呂はいけないの?

風邪お風呂
日本では、昔から風邪の時は入浴を控えるべき!という考え方が根付いていました。

どうしてそう言われるようになったのか?

それは、昔の日本の住環境からくるものだったのです。昔の日本の住環境と言えば木造が一般的で、隙間風が多く、現在のように床暖房などあるわけもなく、暖房と言えば囲炉裏や火鉢といったものでした。

お風呂もある家とない家が存在し、ない家では銭湯通いが当たり前で、ある家でも母屋と離れた場所にお風呂があるという感じです。

お風呂で温まっても、すぐに外気に当たってしまい、湯冷めすることが多く、風邪をこじらせてしまうため、「風邪の時はお風呂に入っちゃいけません!」という風習が受け継がれていったのです。

「風邪の時の入浴は厳禁!」というのは、医学的根拠があるわけではなく、こういった日本の住環境に対応する対処法の一つだったわけです。

風邪をひいたらお風呂に入る

西欧では、日本では全く逆の「風邪をひいたらお風呂に入る」という習慣が一般的でした。

入浴は血行促進効果があり、体の筋肉の緊張緩和や血管の拡張効果があります。

風邪で喉の痛みや鼻水などの症状がある場合、お風呂に入ることで、新陳代謝を高め鼻水の改善、湯気などで湿度の高い浴室は喉の保湿対策にもなると同時に風邪のウイルスの活動を抑える環境としても最適なのです。
特に冬場の風邪のウイルスは、「低温乾燥」を好みますので、お風呂の環境では抑制されるのです。
またお風呂に入ることで、皮膚などを清潔に保つことも大切で、風邪の時には発熱することが多くあり、眠っていても汗をいっぱいかくと思います。汗をいっぱいかいた状態でそのままにしておくと不衛生で皮膚に不純物が蓄積し、スムーズな発汗作用を妨げてしまうのです。

風邪の時にはお風呂に入ることで、早く回復に向かうことも可能です。正しい知識で対応しましょう。

スポンサードリンク

風邪の時のお風呂 早く治す正しい入り方はコレ!

お風呂に入ることで体温を上げると、体は熱を逃がそうとするため、解熱剤よりもゆるやかに体温を下げることが可能です。

ですが、体温が38度を超えるような本格的な風邪の時には、もちろん入浴は控えましょう。

微熱程度の「風邪気味」の時には、お風呂に入って体を温めることが風邪対策としては効果が見込めます。

風邪の時に入るお風呂はメリットもありますが、注意点もありますので、正しい入り方を知って対応してくださいね。

こんな時には入浴は避けて安静に!

  • 熱が38℃以上ある。
  • ひどい悪寒や全身の倦怠感がある。
  • 嘔吐やひどい下痢などの症状がある。
  • めまいや頭痛がつらいとき。
  • 起き上がるのもつらいとき。

風邪の時の入浴の仕方はコレ!

体力を必要以上に奪わない程度に抑え、お湯の温度は41度ぐらいが理想的です。そこにゆっくりと30分ほど浸かることがポイントです。

熱いお湯はかなり体力が消耗されます。

脱水症にも気をつけてこまめに水分補給もできるようにしておきましょう。

お風呂の温度は41度がベスト!

41度のお風呂では、副交感神経が優位になって非常にリラックスできます。腸管の蠕動(ぜんどう)運動が活発になり、血行も促進され、免疫力アップに繋がるのです。

お風呂の温度が熱すぎると?

お湯の温度が42度以上になると、交感神経が刺激されて体が緊張し、血圧も上がり、心臓への負担も大きくなります。

また、アドレナリンも出て、入浴後の就寝にも支障が出ますので、適温を心掛けましょう。

風邪の時の入浴の仕方~入浴前後にもご注意を!~

  • 入浴する前に、事前に浴室とできれば脱衣所を温めておく。
  • 入浴後は、体をすぐに拭き、身体を冷やす前にできるだけ早めに布団に入る。
  • 洗髪した際は入浴後、完全に髪を乾かす。
  • 入浴後は、しっかりと水分を補給する。

人間の体は、体温が37度台の時に最も強力に免疫力が働きます。

風邪のウイルスと活発に闘っている証が微熱の状態です。つまり入浴によって、その体温を保つことで、ウイルスを効果的に退治できて、風邪対策にはとても効果的なのです。

「微熱」の程度は人によって違います。自分の平熱より1度ほど上ぐらいが微熱の範囲と考えるといいかもしれません。

まとめ

スポンサードリンク

風邪の時は、体力を消耗しています。自分の体の状態をきちんと見極め、上手に入浴を取り入れて風邪の回復に役立ててみてくださいね。

おすすめ記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ