天赦日 不成就日 重なる 画像
入籍や結婚など人生の新しい門出には最良の日を選びたくなるもの。

また、人生の節目に限らず、お財布をおろす日や宝くじを買う日など、大安や一粒万倍日、寅の日などを気にする人もいるかもしれません。

普段の生活のなかでも、意外と「縁起がいい日」や「日がいい日」を気にする人は多いもの。

でも、暦を見ていると、

「吉日と凶日が重なっている日があるけど、この場合どうなるの?」

「天赦日や一粒万倍日と不成就日が重なる場合はどうなるの?」

「そもそも不成就日ってなに?」

といった疑問も浮かびます。

縁起がいい日を気にすると、必ずついてくる「不成就日」、「仏滅」などの凶日とされる気になる日。

今回は、天赦日や一粒万倍日が不成就日と重なる日はどうなる?吉凶日の意味や選び方などについてご紹介します。

その成り立ちなどを知ると、暦の見え方も違ってくるかもしれませんよ!

スポンサーリンク

天赦日や一粒万倍日が不成就日と重なる日はどうなる?

暦の上では、古来よりその日の吉凶を判断するため、大安や仏滅などの六曜二十八宿、天赦日や不成就日などの選日など様々な日柄が用いられてきました。

現在でも、

「結婚式は大安がいい」

「仏滅だから、引っ越しはやめておこう」

「一粒万倍日だから、宝くじを買おう!」

なんて、大安や天赦日などの日柄は吉日であるので婚礼や移転などには向いている、また、仏滅や不成就日などの凶日は結婚や移転などには向いていないなど、何かをするときに暦を参考にする方も多いものです。

大安や仏滅、天赦日や不成就日など暦の意味を知れば、もっと何かをするときに向いている日、向いていない日が見えてくるかもしれませんね。

まずは、吉凶を判断するための代表的な暦の種類についてご紹介していきます。

六曜とは?

六曜(ろくよう)は、別名「六輝(ろっき)」とも呼ばれます。

スポンサーリンク

中国で誕生した暦で、室町時代に「孔明六曜星」とも呼ばれ三国志で有名な諸葛亮孔明が発明したのではないかという説があるそうですが、史実ではなく伝説です。

六曜は、カレンダーなどに載っているので多くの方が気にされる人気の暦で、陰陽の原則に基づいて、悪い日が3日で、吉日、善日、幸日の6日で構成されています。

六曜のそれぞれの意味は下記のとおりです。

先勝(せんかち・せんしょう)
この日は、急用や訴訟などに用いて吉の日とされます。

ただし、午後は凶となります。

友引(ともびき)
この日は、午前中と夕刻と夜は、相引で勝負なしの吉日です。

ただし、昼は凶になります。

また、この日に葬儀を行うと死者に道連れにされるおそれがあるといわれ、葬儀には避けられます。

先負(せんまけ・せんぷ)
この日は、静かにしているのが良いとされ、特に公事や急用は避けた方が良いとされます。

ただし、午後は大吉になります。

仏滅(ぶつめつ)
この日は、移転・開店・事業など新規に事を起こすことはもちろん、陰陽道でおいてはすべてのことに悪い凶の日とされています。
大安(たいあん・だいあん)
この日は、婚礼・移転・旅行・開店などすべてのことに用いて吉日であるとされています。
赤口(しゃっく・しゃっこう)
この日は、赤口神が衆生(しゅじょう)を悩ますため、何事をするにも悪い凶日とされています。

ただし、正午のみは吉になります。

衆生とは…人間をはじめ生命のあるすべての生物のことです。

選日とは?

選日(せんじつ)とは、暦の中で六曜・七曜・十二直(中段)・二十八宿・九星・暦注下段以外の総称のこといいます。

「撰日」とも書き、また、「雑注(ざつちゅう)」ともいわれます。

選日は、その日の吉凶を判断するための特殊な日柄のことで、そのほとんどは、十干十二支の組合せによってその日の吉凶を占う暦です。

最近では、吉凶を判断するため暦として人気が上がってきています。

下記に選日の主な種類や意味をご紹介します。

一粒万倍日(いちりゅうまんばいび・いちりゅうまんばいにち)
「一粒万倍」とは稲のことで、一粒のモミをまいておけば、万倍ものモミが実る稲穂になるという意味です。

わずかなものでも、やがて時がくれば増えて多くの数を生み出すことのたとえですので、この日は何事をするにもその成功を願って事始めを行うのによいとされています。

特に、金銭に関することにこの日を用いると効果があるとされています。

ただし、その反面この日に物やお金を借りるなど、悪いこともや苦労も大きくなるといわれますので注意が必要です。

毎月4回から6回ほどあるので、比較的利用しやすい日でもあります。

天赦日(てんしゃび・てんしゃにち)
この日は、その名前の通り、神様が天に昇って人間を許す日であるとされているために、吉日の中でも最上の吉日です。

干支相生、相克の中を得る大吉日で、天の恩恵により何の障害も起こらないとされています。

天赦日は日本の暦の中でも一番の吉日とされており、年に5回か6回しかないとても希少な日です。

スポンサーリンク

何をするにしてもいい日とされているので、財布を新調するだけでなく婚礼や開業になど縁起を担ぎたい場合にはぜひとも利用したい日です。

八専(はっせん)
この日は、法事や供養など仏事、嫁取り、建て替えにあたっての取り壊しなどの破壊的なことには悪い日とされています。
不成就日(ふじょうじゅび)
この日は、何をやっても物事が成就せず、悪い結果を招く凶日とされています。

特に、結婚・開店・柱立て・命名・移転・契約事などには不向きで、この日に急に何かを思い立ったり、願い事すら避けるべきとされる日です。

三隣亡(さんりんぼう)
この日は、十二支の活動が凶変するところからいわれ、特に土木・建築の工事をはじめや柱立て、棟上げなどを行うと、後日になって火災を起こし、三隣(近所)をも亡ぼすと大凶日とされます。

また、三輪宝とも書きます。

土用(どよう)
この期間中は、土に関すること、土木工事や増改築などに着工するには大凶であるとされ、壁を破ることすらもとされています。

土用は、春夏秋冬の四季にそれぞれあります。

十方暮(じっぽうぐれ)
この日は、干支相克(えとそうこく)する日をさし、五行思想の意味から凶日とされる日です。

空一面に暗雲が立ち込めているが雨は降らないというように、十方の気がふさがっていて何の相談事も上手くいかないとされています。

十方暮は、労して功の少ない日とされ、何かを始めても失敗や損失を招くおそれのある日とされています。

三伏日(さんぷくび)
この日は、種まきや婚礼、その他の和合のことには用いない方が良いとされています。
また、六曜や選日以外にも中段十二直や二十八宿などの暦や月の満ち欠けなど吉凶を判断する方法もあります。

これらの選日の暦を見ていくと、天赦日や一粒万倍日などの吉日と不成就日や三隣亡などの凶日が重なる日が出てくることに気づくのですが、なぜ吉日と凶日が重なる日があるのでしょう。

吉日と凶日が重なるのはなぜ?

これは、それぞれ暦の成り立ちや由来が違ったり、干支(えと)が暦に関係しているからなんです。

干支とは?

干支と聞くと、「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」の十二支を思い浮かべる方もおおいのですが、本来は、十干十二支(じっかんじゅうにし)のことで、陰陽五行の考え方で日付をあらわすための富豪で、「十干」と古代中国の天文学に基づく「十二支」を組み合わせたものです。

十干とは…(こう)・(おつ)・(へい)・(てい)・(ぼ)・(き)・(こう)・(しん)・(じん)・(き)のことです。

この組み合わせは、全部で60通りあります。

干支については、「干支一覧 それぞれの干支の由来や意味を教えて!」で詳しくご紹介していますので、こちらも併せてご覧ください。

暦を決める際、十干十二支の組合せによってその日の吉凶を占うため、吉日と凶日が重なる日が出てくるのです。

これらの選日の暦を見ていくと、天赦日や一粒万倍日などの吉日と不成就日や三隣亡などの凶日が重なる日が出てきた場合は、どちらが強いのか判断に困ってしまう場合もあります。

下記に、吉日と凶日が重なった時のどのように判断するのかについてご紹介していきます。

吉日の選び方はどうするの?

暦で人気のある六曜や選日の暦で、吉凶を見てしまうと1年の中にすべてが揃った吉日はとても少ないものです。

ですので、すべて揃った吉日を優先させてしまうと、時期やタイミングを逃がしてしまうことになってしまいます。

少し複雑になってしまいますが、吉日の選び方には基本がありますのでご紹介します。

本来、あなたにとっての吉日を選ぶときは、自分の本命星と相性のよい日、また、自分の干支と相性のよい日を選ぶのが基本になります。

この本命星と干支との相性がよい日であれば、多少他が気に入ら無い日であっても吉日として差支えはありません

本命星とは、陰陽道で、「一白水星(いっぱくすいせい)」「二黒土星(じこくどせい)」「三碧木星(さんぺきもくせい)」「四緑木星(しりょくもくせい)」「五黄土星(ごおうどせい)」「六白水星(ろっぱくすいせい)」「七赤金星(しちせききんせい)」「八白土星(はっぱくどせい)」「九紫火星(きゅうしかせい)」の九星のことで、生まれた年によってわかれます。

ただし、これは原則ですので鵜呑みしてはいけません

同じ九星の方であっても生年月日が違えば、干支も違ってくることもあります。

それぞれの経験や出会う人によってあなたの運気はかわってくるものですし、また、相手のあることであれば、あなたがいかに強運日であっても、相手が悪い日であれば運気は変わってくるものです。

このように、暦の上では強運日でも決してその通りにいかないこともありますし、逆もまたあることも認識して、暦を上手く活用するのがいいのかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、天赦日や一粒万倍日が不成就日と重なる日はどうなる?吉凶日の意味や選び方などについてご紹介しました。

できるだけ縁起のいい日を選びたいものですが、あまり気にしすぎると時期やタイミングを逃してしまうことにもなってしまします。

また、暦の吉凶も公式通りには運ばないこともありますので、天赦日や不成就日などが重なった場合は、吉凶日の強弱にはこだわりすぎずにいるのがいいのかもしれませんね。