法事・法要・追悼儀礼

法事でのお坊さんへのお礼の金額は?のしや渡し方などマナーをご紹介!

投稿日:

お坊さんへのお礼

法要や法事の際には、僧侶を読んでお経を読んでもらったりするのが一般的ですが、その際に、

「お坊さんへのお礼の金額っていくらぐらいなんだろう?」

と、素朴な疑問が・・・。

そこで今回は、法事でのお坊さんへのお礼の金額は?のしや渡し方などのマナーについてご紹介します。

スポンサーリンク

法事でのお坊さんへのお礼の金額の相場は?

法要法事ともいい、死者の冥福を祈り、その霊を慰めるために命日に行う儀式です。

法要・法事のスケジュール

  • 初七日法要
  • 現在では葬儀当日に行うことが多い。

  • 七七日法要(四十九日)
  • 忌明けの大切な法要。

  • 一周忌法要
  • 1年目の祥月命日。

    故人が亡くなった日と同月同日の命日を「祥月命日」といいます。また、毎月、故人の亡くなった日と同じ日が、月の命日といわれる「月忌」となります。

  • 三~二十七回忌法要
  • 一般に三回忌までは特に丁寧に供養するとされている。

  • 三十三回忌法要
  • 一般的に喪主としては最後の法要になる。

    三十三回忌で切り上げる(「弔い上げ」という)のが一般的ですが、最近では高齢で亡くなることも多く、その場合、施主も高齢となるため、十七回忌で切り上げることも増えています。

法要や法事の際、僧侶へのお礼は、「御布施」として包む

法要や法事では、僧侶へ「御布施」として謝礼を包みます。

お布施の金額についてわからない場合は、地域やお寺によって異なる場合もあるため、「誠に恐縮ですが、いかほどをお包みすればよいか教えていただけますか?」と、率直にお寺などに尋ねても構いません。

お寺から「お気持ちで・・・」などといわれた場合は下記の金額をご参考に!
※金額はひとつの目安です。

スポンサーリンク

法事・法要でのお布施の金額の相場

  • 七七日法要(四十九日):3万円~5万円
  • 一周忌法要:3万円~5万円
  • 三回忌法要:3万円~5万円
  • 七回忌以降:1万円~5万円
  • ※一般に三回忌までは特に丁寧に供養するとされているため。

なお、上記のお布施以外に、お食事を差し上げずにお帰りの際には「お膳料」やお越しいただいた場合には「お車代」も包みます。

そのほか、卒塔婆を立てた場合は、本数分の「御卒塔婆料」を渡します。

それぞれの金額の相場は下記のようになっています。

  • お膳料:5千円~1万円
  • お車代:5千円~1万円
  • 卒塔婆料:1本3千円程度
  • ※「御卒塔婆料」の金額は寺院によって異なるので、寺院に相談してみましょう。

お布施は新札でもいいの?

お布施に入れるお札は、新札のほうがいいでしょう。

スポンサーリンク

法事でのお坊さんへのお礼ののしはどうする?

僧侶の方や寺へのお礼

御布施イメージ01

  • 水引・のし
  • 白無地袋
    黒白または双銀、黄白ま結びかあわび結びの不祝儀袋

  • 表書き
  • 「御布施」「御礼」

お車代やお膳料などの表書きやのしは?

御布施イメージ02

  • 水引・のし
  • 白無地袋
    黒白または双銀、黄白ま結びかあわび結びの不祝儀袋

  • 表書き
  • 「御車代」「御膳料」「御斎料」

    ポイント

    お布施の袋より控えめなものを選ぶようにしましょう。

法事でのお坊さんへのお礼の渡し方は?

僧侶へのお礼として包む「御布施」は読経の後にお渡しするのが礼儀です。

お渡しする際は、直接手渡しではなく、お盆の上に乗せて差し出したり、お盆代わりの菓子折りの上に乗せて差し上げると丁寧でしょう。

その際に、「ご供養いただきありがとうございます」などの一言を添えて渡すようにするとより丁寧です。

まとめ

お坊さんへのお礼の仕方などは、慣れないこともあり、戸惑ってしまうものです。

お布施は、檀家の取り決めがある場合もあるため、直接お尋ねするのもおすすめです。

また、葬儀社にお願いして手配していただいた場合には、葬儀社の方にお尋ねするようにするとよいでしょう。

上記にご紹介したお布施の金額はあくまで目安ですので、無理のない金額を気持ちとしてお渡しするようにしましょう。

-法事・法要・追悼儀礼
-,

Copyright© Today's Trend News , 2019 All Rights Reserved.