手紙・贈りもの

異動される先輩へのメッセージ LINEやメールでも使える例文を注意ポイントつきでご紹介!

異動される先輩へのメッセージ LINEやメールでも使える例文を注意ポイントつきでご紹介!

働いていると訪れる異動などでの別れ。

「今度、異動する先輩へ何かお礼のメッセージを送りたいけど何て送ればいいんだろう?」

今までお世話になったお礼の気持ちや別れがたい気持ち、今後の活躍や発展を祈る気持ちなど、様々な想いがめぐり、メッセージにしようとすると、意外とどう書いたらいいのか悩む人も多いもの。

今回は、異動される先輩へのメッセージとして、LINEやメールでも使える例文を注意ポイントつきでご紹介します。

スポンサーリンク

異動される先輩へのメッセージ LINEやメールで使える例文を注意ポイントつきでご紹介!

会社などの組織に属していると、異動や転勤、退職などはつきものなことかもしれません。

別れの寂しさもあり、なんとなくしんみりとしたムードにもなりがちなものですが、送る側としては、別れを惜しむ気持ちを率直に伝えながらも、新しい場所での活躍を祈る言葉を主体として、なるべく前向きで明るいトーンでまとめるようにするのがポイントです。

異動される先輩へのメッセージの注意ポイント

目上の人に対しては「ご苦労様」「お疲れ様」といった表現よりも「ありがとうございました」を使うようにしましょう。

「○○課長様」、「◯◯先輩様」というように、役職名に様を付けるのは二重敬語となるため、「○○課長」、「○○先輩」としましょう。

異動される先輩へのメッセージの内容

異動される先輩へのメッセージで何を伝えればいいんだろう?と悩んだときには、下記の4つの内容を抑えて構成すると書きやすくなりますよ。

  • 今までお世話になったお礼
  • 今までの功績や思い出
  • 別れがたい気持ち
  • 新しい場所での活躍、発展、健康を祈る言葉

異動される先輩へのメッセージの例文

改まったメッセージの文例

◯◯先輩

これまでのご高配、心から感謝いたしつつ、今後ますますのご健闘とご自愛のほどをお祈り申し上げます。

◯◯先輩

今まで、大変お世話になり、ありがとうございました。
これからも、ご健康に留意なさいまして、いっそうのご活躍をされますようお祈り申し上げます。

◯◯先輩

◯◯先輩ご在任中は、ひとかたならぬご指導とご厚情をいただきまして、あらためて厚く御礼を申し上げます。

新しいお立場でも、いっそうのご手腕を発揮なさることを確信いたしております。

○年間、ほんとうにありがとうございました。

関係性によっては、改まった文面で送ることもあるものです。

特に仕事関係の場合、さほど親しくはないけれど、書かないといけないときもあるものです。

そういった際には、思い出エピソードや別れを惜しむといった感情も儀礼的で、どこか内容も空虚なものになってしまいがちに・・・。

そんな時には、今後の活躍を祈る言葉を主体に伝えるようにすると書きやすいですよ。

スポンサーリンク

なお、敬意を欠いた言葉は失礼になるので注意しましょう。

一般的なメッセージの文例

◯◯先輩

◯◯先輩には、言葉では言い尽くせないほど多くのことを学ばせていただきました。
この○年間のご指導に、心よりお礼申し上げます。

そして、今後ともよろしくお願い致します。

◯◯先輩

今までたいへんお世話になり、ありがとうございました。

スポンサーリンク

未熟な仕事ぶりで、たくさんのご迷惑をおかけしましたが、そのつど親身なご指導を受け、おかげで少しは成長できたのではないかと思っております。

新しい部署に行かれてからも、お体に気をつけ、一層の手腕を発揮されますことを祈っております。

○年間、ほんとうにありがとうございました。

◯◯先輩

◯◯先輩には、何かにつけて助けていただいてばかりで、なんとお礼を申し上げたらいいのか、感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました。

これからも◯◯先輩から学んだことを心に留め、精進してまいります。

◯◯先輩のますますのご健康とご活躍をお祈り致しております。

上記は一般的なメッセージの文例です。

形に残るメッセージは、受け取った本人にとってもかけがえのない嬉しいもの。

「ありがとうございました」の感謝の言葉を基本に、先輩からの教えを忘れずに活かしていきますなどの言葉、そして今後のご活躍を祈る言葉で結びます。

親しいときのメッセージの文例

◯◯先輩

長年にわたりご指導をいただき、お礼の言葉も見つかりません。

◯◯先輩をお送りすることは、たいへんに残念で、正直、今は不安な気持ちでいっぱいです。

ですが、◯◯先輩のさらなる飛躍の機会と思えば、心からの感謝とエールを送らせていただきたいと思っております。

◯◯先輩に教えていただいたことを胸に、しっかりと精進致します。

本当にありがとうございました。

新天地でのご活躍とご健康を心からお祈りしています。

◯◯先輩

これまでたくさんの叱咤激励をありがとうございました。

◯◯先輩にはまだまだ教えていただきたいことがたくさんありましたので、本当に残念な気持ちでいっぱいです。

これまでのように頻繁にお目にかかれなくなることは正直残念ですが、帰省の折などはぜひともまた楽しいお酒をご一緒できればと存じます。

今後ますますのご健闘とご自愛のほどをお祈り申し上げます。

上記は親しい関係性のときのメッセージの文例です。

「親しき仲にも礼儀あり」というように、まずは、今までお世話になったお礼の言葉を忘れずに!

親しい間柄であれば、思い出エピソードを盛り込んだり、気持ちをストレートに伝えやすく、受け取った本人にもダイレクトに届くメッセージになりやすくなります。

親しい間柄であれば「寂しい」などの気持ちを伝えてもいいですが、後ろ向きの言葉で終わったり、送られる相手が戸惑うような悲観的な内容は避け、「先輩の教えを大切に精進します」など、前向きで言葉で終わるようにしましょう。

まとめ

別れは誰しも寂しく、不安なものです。

ですが、新しいはじまりの一歩でもあるので、心からのエールを贈りたいものかもしれませんね。

  • この記事を書いた人
暮らしのNEWSチーム

暮らしのNEWSチーム

合言葉は、【あなたの「はてな?」を「なるほど!」に!!】 あなたの「なるほど!」を目指して!! 現在では、この合言葉に共感してくれた仲間も増え、それぞれの経験や得意分野を活かして記事を更新しております。 詳しいライタープロフィールはこちら

-手紙・贈りもの
-,

Copyright© 暮らしのNEWS , 2020 All Rights Reserved.