男性イケてる浴衣の着こなしは?足元は?持ち物は?

男性浴衣

夏になると、浴衣姿で夏祭りに出掛ける男女の姿がよく見られます。
浴衣は、上手に着こなせている人を見ると本当に憧れますし、凛とした風情を感じるものです。
逆に着こなしが下手な人は、品がなくてだらしなく映ったりと残念なことにもなってしまいます。
美しい浴衣姿の女性の横で、スマートに浴衣を着こなし、エスコートする男性はやっぱり素敵なものです。
夏の季節、男性もイケてる浴衣姿を目指して!男性の浴衣の着こなしについてご紹介していきます。
スポンサードリンク

男性イケてる浴衣の着こなしは?

女性に比べると男性の場合は、浴衣を着る際に準備するものも少ないので、気軽に浴衣を楽しむことができます。

男性の浴衣に必要な一式

  • 浴衣
  • 腰帯
  • 下駄(雪駄)
  • 浴衣の下着
男性の浴衣の着こなしでカッコよさを左右するのが「粋」です。
参考にしていただきたいのが、歌舞伎役者さんの着物や浴衣の着こなしでもあります。
歌舞伎役者さんは普段から浴衣を愛用していることもあり、Tシャツやジーンズなどの普段着のようにナチュラルに浴衣を着こなせています。
歌舞伎役者の人が、浴衣の着方を紹介しているものがあるのでご紹介します。男性ならではの浴衣の着こなしの注意点もあるので参考になりますよ。

浴衣の着方

浴衣選びのポイント

浴衣のサイズ

男性の浴衣選びの際に気を付けたいことは、着物の裄丈が自分に合っているものを選ぶことです。
サイズが合っていない浴衣を着ていると、見た目も不恰好ですので、きちんと試着などしてまずは自分のサイズに合った浴衣を選びましょう。

浴衣の色

男性の場合も、最近ではオシャレな生地が多く見られるようになりました。自分の好みの色や柄を選んでもいいですし、女性の浴衣に合わせて生地を選んでもよいでしょう。
気を付けたいのが、白地などは下着などが透ける場合も多いですので、なるべく避けるか、白地の生地の場合には下着にも気を配りましょう。
また、夏は汗をかく季節でもあります。汗ジミなどが目立つような生地の色は、相手にも不快感を与えてしまうこともありますので、汗っかきの人などは、汗ジミが目立たないような色の生地を選ぶとよいでしょう。

男性の浴衣の下は何を着るの?

着物の場合は長襦袢を着用しますが、浴衣は本来、寝間着や湯上りの衣服として着用されるものですので、長襦袢まで用意する必要はないでしょう。
ですが、浴衣の場合は肌着は必須です。よく、素肌の上に直接浴衣を着る男性がいますが、汗などが直接浴衣につきますので、肌着は必ず着用しましょう。
ユニクロのエアリズムなどの機能性下着などは、浴衣の肌着としては最適です。
浴衣の生地の色味に合わせた肌着などを選び、浴衣の襟元から丸首が見えるのは粋ではないとされていますので、Vネックなどを選ぶとよいでしょう。
また、下半身はパンツ1枚でも問題ありませんが、ステテコがあれば重宝します。汗対策や胡坐をかいた時でも安心ですのでおすすめです。

男性イケてる浴衣の足元は?

男性の浴衣の場合、足元は下駄か雪駄が一般的です。
これは、好みでお好きな方を選ぶと良いでしょう。雪駄は下駄に比べて高さがないぶん、歩きやすさはあります。慣れない人は、下駄・雪駄ともに鼻緒の部分が擦れて痛くなる人が多いものです。
事前に鼻緒が当たる部分に絆創膏などを貼っておくといいですし、絆創膏は携帯しておくことをおすすめします。


スポンサードリンク

男性浴衣の粋な歩き方のポイントは?

浴衣は着慣れないと、浴衣の裾がさばけなくて歩きづらいものです。浴衣の際、歩く時には、足を外側に蹴り出すようなイメージで、腰から前に進むようにすると歩きやすくなります。
また、歩く時もですが、立っている時にも、背筋はぴんと伸ばして姿勢正しくすることが浴衣を粋に着こなす方法です。
背筋が曲がっていたり、姿勢が悪いと着崩れしやすく、だらしない姿になっていきます。

男性イケてる浴衣の持ち物は?

男性の浴衣の場合は、持ち物を出来るだけ少なくしたいものです。
持ち物が少ない場合には、袖や袂に入れてもいいですが、浴衣を着なれない場合は着崩れしやすく、持ち物も落としたりすることが多くあります。
そんな時には、「信玄袋」などの巾着袋に持ち物を入れていきます。

■手に持つタイプ

信玄袋01
【巾着袋 浴衣 巾着バッグ 信玄袋】 【刺子 麻混 楊柳 ブラック ネイビー カーキ 】

■腰に下げるタイプ

信玄袋02
印伝 印傳 巾着 信玄袋 男物 着物 黒 鹿革 烏天狗【送料無料】【smtb-TD】【saitama】【あす楽対応】

■ポーチタイプ

信玄袋03
信玄ポーチ着物、ゆかた用の信玄袋全3柄 【楽ギフ_包装】

まとめ

いかがでしたか?
男性の浴衣は、「粋」が大切です。
歌舞伎役者さんも綺麗に浴衣を着こなしていますが、やはりそのコツは姿勢の正しさにあるのかもしれません。
男性の浴衣姿は、胸を張って堂々とした佇まいが素敵なものです。みなさんも参考に、今年の夏は浴衣で粋に攻めてみてください!
スポンサードリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ