揚げ物の後の油処理どうしてる?簡単な処理方法をご紹介!

油処理

から揚げやとんかつや天ぷらといった揚げ物メニュー。
子どもも大好きなので作るんですが、家で揚げ物をした時って、後片付けが面倒だったりしませんか?
この後片付けが面倒で家では揚げ物はしない!っていう方もいるかもしれませんね。
とにかく面倒で億劫になってしまう油の処理ですが、今回はうちでやってる簡単な油の処理方法をご紹介します。
スポンサードリンク

油の処理の仕方アレコレ

普段家では、油の処理をどうしていますか?
使い終わった油の処理は、いろんな方法があります。
  • 牛乳パックなどを利用して燃えるゴミへ
  • 牛乳パックに新聞紙などをぎゅうぎゅうに詰めてその中に、油を入れて新聞紙に油を染み込ませて、燃えるゴミとして処理する方法。

  • 新聞紙を利用して燃えるゴミへ
  • 新聞紙に油を染み込ませて、レジ袋など適当な袋に入れて燃えるゴミとして処理する方法。

  • 片栗粉や小麦粉を使って油を凝固させる
  • 油を使い終わって温かいうちに、油と同量かやや多めの片栗粉や小麦粉を回し入れ、油が冷めると凝固したものを燃えるゴミとして処理する方法。

  • 市販の凝固剤・吸い取るタイプを使う
  • 市販の凝固剤や吸い取るタイプのものを使って、固めたり吸わせたりして燃えるゴミとして処理する方法。

一般的には、上記の方法での油の処理を多くのご家庭で行っているかと思います。
うちでは、新聞を取っていないので、新聞紙を使う方法はできません。片栗粉や小麦粉を使う方法もやってみましたが、非常に勿体無い気がして、無理でした。
そして、ずっと市販の凝固剤・吸い取るタイプで油の処理をしていましたが、市販のものって結構高いんですよね。揚げ物のたびに使っていたらコスパが悪い気がして、どうにかならないものかといつも考えていました。
しかも市販の固めるタイプのものは、油が熱いうちに忘れず入れてかき混ぜておかないとダメなんですよね。いつも揚げ終わると熱いうちに食べようと急いで食卓につくので、すっかり忘れて・・・。なんてことが毎回です。
油を毎回捨てるのも勿体ないので、何回か使ってから捨てるようにもしました。

油の保存方法は?

油は、「酸化」することで段々と美味しく無くなっていきますし劣化していきます。
ですので、使った油は「油こし器」などを利用して、油かすなどを取り除き、フタなどをして空気の接触を防いで保存します。
この保存した油の使用回数の目安は、おおよそ3~4回ほどで、それ以上使うのは、油が劣化していますので美味しい揚げ物ができませんし、劣化した油は天ぷらを揚げる180℃ぐらいで煙が出てきます。
「油こし器」に保存する際に、油かすなどを丁寧に取り除くことが大切ですし、揚げ物の際には、その都度新しい油を足しながら使うと多少は長持ちします。
ですが、油の保存が上手くできないと油の劣化を進行させてしまいます。油の劣化は保存状況や使われ方によって大きく変わります。高い温度や直射日光が当たる場所や、空気と長時間触れる状態は劣化を進行させます。
油の劣化は、過酸化物などが出来やすくなり、分解が進むと毒性をもった分解産物も含まれるので注意が必要です。


スポンサードリンク

油処理!簡単おすすめの方法はコレ!

油処理について色々と情報収集していた私が辿り着いた油処理方法が、廃油が石鹸水になる!!という「アブラトールジョイ」というものです。

■アブラトールジョイ

油
アブラトールジョイ 1000mL 3特典【送料無料+お米+ポイント】 汚れた廃油が石鹸水になっちゃう!廃油処理に
友人に教えてもらって、使ってみてビックリしました。
使い方は、使い終わった油(約1000ml)にキャップ2杯分のアブラトールジョイを入れて、泡だて器などでかき混ぜます。そして水を入れながらかき混ぜ続けていくと、白濁した石鹸水に変わるので、そのまま排水口へ流してしまいます。
石鹸水に変わるので、排水口へ流すと排水口の掃除もできて、まさに一石二鳥なんです。
知ってビックリな簡単油処理方法でおすすめです。

まとめ

油を処理した後は、洗いものも大変なんですよね。
油でギトギトだったり、凝固剤で油の塊が残ってたりして・・・。これを使い始めてから、フライパンも一気に洗える感じなので、お手軽になりました。
油物は面倒なので、こういう便利アイテムは助かりますね。
スポンサードリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ