花粉症と風邪の症状違いは?併発した時は風邪薬を代用してもいいの?

花粉症風邪違い
花粉症は、「自分は大丈夫!」と思っていても、ある日突然発症します。

「なんだか風邪っぽいけど・・・」といった症状も、もしかしたら花粉症を発症しているかもしれません。

花粉症は、風邪に似た症状が出る場合も多いので、花粉の季節には「もしかして!?」と、自分の症状をしっかりとチェックして、原因が花粉症なのか?風邪なのか?を出来るだけ早く見極め対処するのが、その辛さから解放される一番の早道です。

今回は、花粉症と風邪の症状違いや併発した場合の対処法&風邪薬の代用はOKなのか?についてご紹介します。
【関連】鼻づまり解消法は?即効&簡単な方法や長時間効果が持続する方法は?
【関連】のど飴の選び方は?喉の痛みに効くのど飴やおすすめはコレ!
>>>風邪に関連するお役立ち情報や症状、対処法などはコチラもご覧ください!

スポンサードリンク

花粉症と風邪の症状違いは?

「なんだか熱っぽい・・・」「喉がイガイガするな・・・」

普段だと迷わず「風邪かな?」と思うところですが、花粉の飛散時期には「花粉症」を疑うことも必要です。

花粉症は、風邪とよく似た症状が出る場合が多く、症状も人それぞれなので、花粉症なのか?風邪なのか?の判断が難しいことがあります。

風邪と花粉症の症状は似ていますが、違いもありますので、症状の違いを下記にご紹介します。

症状
花粉症
風邪
目のかゆみ ある ない
鼻水 無色のサラサラした鼻水 色が濁り粘着性のある鼻水
鼻づまり ある
(両方詰まることが多い)
ある
(片方づつ詰まることが多い)
くしゃみ 良く出る
(止まらない)
ほとんどない
咳・喉の痛み 少し痛みがでることがある
(かゆみがある)
ある
(唾を飲んだ時などに感じる)
頭痛 あまりない ある
発熱 平熱~微熱 微熱~高熱
悪寒 ほとんどない ある
嘔吐 ほとんどない ある
下痢 ほとんどない ある
期間 長引く
(花粉が飛んでいる期間)
2日~1週間程度
天候 晴天・風の強い日に症状が悪化する 関係なし

上記のように、風邪は、熱や悪寒・倦怠感を伴う全身症状が出やすく、症状が長くても1週間程度で落ち着くのが特徴的です。一方、花粉症は、目のかゆみやくしゃみで風邪とは似ていても少し違う症状です。

一番の見極めポイントは、「鼻水の色」で風邪の場合は「色や濁り・粘着性のある鼻水」で、花粉症の場合は「無色・サラサラした鼻水」が大きなポイントです。

上記の表を見ながら自分の症状の違いから風邪か花粉症か推察することができますよ。

また、風邪の場合には、雨に濡れて体が冷えたり、体力的に無理をしたなどの不調の原因に思い当たる節があったりすることが多いものですが、花粉症の場合は、ある日突然、思い当たる節もなく始まりますので、症状が出始めた時の状況も思い浮かべると分かりやすいかもしれません。

>>>風邪に関連するお役立ち情報や症状、対処法などはコチラもご覧ください!

スポンサードリンク

花粉症と風邪を併発した時は?

花粉の時期には、風邪と花粉症の両方が混ざって起きているという事もあります。

症状は人それぞれですが、風邪も花粉症も異物が体内に侵入してきたことへの防御反応が現れているものですので、まずは安静にして、体力回復とともに免疫力を高めることが大切です。

免疫力を高めるには、栄養のある食事と睡眠が一番ですので、まずはゆっくり休みましょう。

風邪の症状が落ち着けば、体も比較的楽にはなりますが、鼻水や喉の違和感などの呼吸器官系の症状は続きます。

また、鼻の炎症がきっかけで、脳に酸素が十分に送られずに頭痛が起こったり、微熱が長期間続くことも多くあります。

風邪と花粉症を併発した場合には、自己判断が極めて難しくなり、症状も複合的に起こるために、長期間熱が続いたり、体のしんどさが回復しない場合には、医師の診断を受けて適切な処置を受けることが一番です。

花粉症に風邪薬を代用してもいいの?

花粉の時期に、風邪と似たような症状が出て、風邪か花粉症かの判断がつきにくかったりすることがあります。

そんな時に、とにかく症状を緩和させたい一心で、市販の風邪薬などを服用する場合もあるでしょう。

花粉症の主な症状でもある、鼻水や鼻詰まりを軽くする成分が、風邪薬(総合感冒薬)にも含まれていますので、応急処置として風邪薬を服用してもOKです。

ですが、成分の量は少ないため、効果は弱いのが現状です。風邪薬を飲んでも症状が改善する確率は低いため、明らかに風邪ではなく、花粉症の疑いが強い場合や、長期間症状が改善しない場合には、医師の診断を受けて、原因の特定とともに、原因に合わせた適切な処置を行うのが一番早い改善方法です。

まとめ

花粉の季節は、風邪との見極めポイントを知っておくと、初期対応が素早くできます。

長引かせないようにしっかりケアしましょう。

スポンサードリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ