家電をお得で最安に買い替える時期は?家電の寿命や買い替えの目安は?

冷蔵庫

「うちの冷蔵庫、もうそろそろ寿命かな・・・。」

家電製品の買い替えを考えた時に、誰もが考えること。そうそれは「少しでもお得に買えたら!」。

家電製品も安い買い物じゃないので、購入の際にはしっかり値段チェックも大切です。

「家電製品っていつ買うのがお得なんだろう?」

そんな素朴な疑問にお答えするべく、今回は、家電をお得で最安に買い替える時期&知っておくと便利!家電の寿命や買い替えの目安についてご紹介します。

スポンサードリンク

家電の寿命や買い替えの目安は?

私たちの暮らしのなかで今や必要不可欠な家電製品。

最近では、消費電力を抑えたタイプのものも多くあり、毎日の家計に嬉しい「節電」にも直結できるものも販売されています。

家電も買い替え時期があり、各家電の寿命や買い替えの目安を知っておくと「もうそろそろ買い替えたほうがいいな」と判断もしやすくなりますよ。

冷蔵庫の買い替え時期は?

現在販売されている冷蔵庫の寿命は8~10年と言われています。

昔は10~15年と言われていましたが、冷蔵庫もただ冷やすだけでなくメーカーによって様々な機能が備わったものが販売されています。

機能が増えても値段は魅力的に!となると全体的な製品コストを下げることになり、部品の強度や耐久性が昔と比べると弱くなっている関係もあるようです。

でも上記はあくまで平均的なもので、人によっては20年以上使っているご家庭もあったりしますので、ひとつの目安としてご参考に。

ご家庭によってそれぞれ使用頻度も違いますので、製品の劣化も必然的に異なります。

目安としては、およそ10年程度もすると、故障して修理しようにも部品がない事態になりやすいので、10年経過していたら修理するより買い替えたほうが安く済む場合が多くなります。[/su_box]

冷蔵庫の買い替えサインは?

  • 冷蔵庫内の冷えが弱い
  • 氷が凍らない
  • 騒音がする(音がうるさくなった)
  • 水漏れ

洗濯機の買い替え時期は?

洗濯機の寿命は年数でおよそ7~8年と言われています。尚、洗濯機の場合は洗濯回数(使用回数)が大きく影響しますので、洗濯回数で言うと2500~3000回ぐらいと言われています。

洗濯機の場合は部品を7年間しか製造しないメーカーがあることも寿命に影響しています。

洗濯機の買い替えサインは?

  • 汚れが残る
  • 水漏れ
  • 騒音がする(音がうるさくなった)

テレビの買い替え時期は?

テレビは、主要部品であるバックライトの耐久性によって決まります。
一般的には、液晶テレビ&プラズマテレビともに6~7年程度と言われています。

これも毎日長時間テレビを見る人など使用頻度が高い場合には平均よりも早い年数で寿命を迎えることがあります。

また、テレビの場合はある日突然、まったく反応しなくなるなど突然寿命を迎えるケースが多いことも多くあります。

テレビの買い替えサインは?

  • ノイズが入る
  • 一部映らない
  • 電源が入らない

エアコンの買い替え時期は?

エアコンにはコンプレッサーと呼ばれる圧縮機が備えられています。コンプレッサーは、いわば「エアコンの心臓部」とも言える大事なもので、使用頻度や環境、メンテナンスによっても大きく変わりますが、およそ7~10年程度だと言われています。

エアコンの買い替えサインは?

  • 音がする
  • 臭いがする
  • 水が漏れる
  • 設定温度に冷えない

電子レンジの買い替え時期は?

電子レンジはマグネトロンと呼ばれる電子レンジの要となる部分が寿命に大きく影響し、電子レンジの寿命はおよそ10年程度と言われています。

使用頻度もですがメンテナンスによっても寿命は大きく変化します。

電子レンジの買い替えサインは?

  • うまく温められない
  • 頻繁に停止する
  • 操作ボタンがきかない


スポンサードリンク

家電をお得で最安に買い替える時期は?

家電には安くなる時期があります。一般的に有名なのが「決算時期」「年末年始」などで、「決算大特価!」などの大幅値下げされたチラシなどを見たことありませんか?

どうせ買うならこの「安い時期」を知って、タイミングを合わせるとお得に購入できる!という訳です。

家電が安い時期は?

決算時
「決算大特価!」などよく目にするように、一般的に「この時期に買うと安い!!」と消費者に認知されている感も否めないため、ひとつの恒例行事となっているものでもあります。

企業としては、経理面でも資産の多くが在庫というのは不利ですので、決算の区切りで在庫を処分する必要性もあったりするので、多少の値引きを行ってでも在庫を減らしたいものでもあります。

そういったこともあって、決算時期には通常よりも値下げされた商品が販売されることが多いため、買い替え時期としても魅力的な時期と言えます。

年末年始
歳末商戦や年始セールなど、家電量販店が最も活気づく年末年始

年末年始のセールのポイントはズバリ!商品にもよるが「年末より年始のほうがお買い得」

特に初売りセールなどの目玉商品などは各店ともに赤字覚悟の商品を用意している場合が多いので、それを狙ってみるのもおすすめです。

でも、注意が必要なのが、初売りセールなどは店全体が活気づき購入者も多少太っ腹になる傾向が強いので、値引き率の低いものを買ってしまいやすいこともあるので、あくまで目玉商品などに絞って購入する方が後悔がないでしょう。

商品の入れ替え時期
各家電は1年のなかで1回~2回程度新商品を投入します。

やはり新商品がでると型落ちと呼ばれる旧モデルのものは必然的に値引きされるため買い替え時期としては狙い目です。

でも、人気のモデルのものなどは、商品入れ替え時期前に在庫切れになる場合もあったりするので商品入れ替え時期はライバルも多いのでお目当ての商品は早めの確保がポイントです。

尚、家電量販店大手などは基本的に新商品を中心に陳列しますので旧モデルは取り扱いが比較的少なめ。型落ちのモデルを狙うならネットやロードサイド系の家電屋を覗いてみるのがおすすめです。

人気の旧モデルが運良く売れ残っている可能性が大きいですよ。

1年の中で家電を買い替える最も狙い目な時期は?

家電のうち、いわゆる白物家電と言われる洗濯機や冷蔵庫などは年に1回、それ以外のパソコンなどは年2回ほど発売時期があります。

どちらもまず発売後2~3ヶ月は様子をみながら少しずつ値下がりしていく傾向が強くなっています。

決算期末を迎える3月に向けてが1年のなかでも最も値引き率が高くなる時期ですが、3月の時期は新生活や転勤などの引っ越しシーズンとも重なるため場合によっては一旦値引きを停止して、引越し需要に乗るケースも少なくありません。

ですので、1年のなかで最も狙い目と言える時期とすれば【1~2月】が要チェックですよ。

商品の入れ替え時期や使用頻度が減少または使用頻度が増す時期に合わせた買い替え時期の目安もあるので下記もご参考に!

家電買い替えカレンダー

家電買い時

※クリックすると大きくなります

まとめ

家電は物によっては大きな買いものです。

急を要する以外はできるだけ予算は抑えめにしておきたいところですよね。
行く度に目移りしてしまう家電製品ですが賢く購入するためのご参考までに!

スポンサードリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ