地球距離

地球は丸い。
でも正確には、地球はまん丸を頭から少しつぶしたような形、例えるならミカンのような形をしているのです。
では、地球の距離はどれぐらいあるのか知っていますか?今回は地球の素朴な疑問、地球の距離に関する情報をご紹介します。
スポンサードリンク

地球一周の距離は?

冒頭でもお話しましたが、地球は丸いのですが、正確な丸ではありません。
赤道の長さが、北極と南極を通る長さよりも少しだけ長いのです。
ですので、現在わかっている地球一周分の距離は二つあることになります。
ひとつは、赤道の長さ、もうひとつは、北極と南極の2点を通る長さです。
地球のお腹まわりともいえる赤道の距離は、40,075kmになります。そして、赤道を横と捉えると、縦に一周する北極と南極の2点を通る距離は、40,009kmとなり、赤道の距離が少し長いのです。
現在では、衛星などにより正確な距離を測れるようになりましたが、おおよその端数は出てしまいます。
ですので、地球一周はおおよそ40,000kmと覚えておくと覚えやすいかもしれませんね。
この地球一周の距離を世界で一番最初に計算した人は、「エラトステネス」という古代ギリシャ人です。
この時、計算した地球一周の距離は、おおよそ46,000kmでした。紀元前230年の時代に、計算した数字は大きくは間違っていなかったことにも驚きですが、すでにこの時に地球が球体であることを知っていたことにも驚きです。
まず、エラトステネスは「地球は丸い」と考え、「夏至」の日にエジプトのシエネという町で、太陽が真上に輝いていることを基準とし、同じ日の同じ時刻にシエネという町から925km離れたアレキサンドリアの町では、太陽は7.2度傾いていることに気づきました。
これを基にして、925km×360÷7.2の計算で、約46,000kmという地球一周の距離を導き出したのです。

エラトステネス

スポンサードリンク

地球一周は何日くらいかかるの?

地球一周のおおよそ40,000kmを歩いてみるとどれくらいの時間がかかるのでしょう?
一般的な歩行速度は時速5Kmと言われています。これを基にして、地球一周何日かかるのかを計算してみると、
40,000㎞÷5㎞/h=8,000h(時間)
8,000h(時間)=約333日ということになります。
昼夜休みなく、5㎞/hという一定の早さで歩いたとして、約1年近くかかるのです。実際には、昼夜休みなく歩き続けるなんて無理ですので、現実的には、1年以上掛かるでしょう。
ですが、一生歩いても制覇できない距離ではないということは感じることができると思います。
ちなみに、地球一周はいろいろな定義があります。「すべての子午線を横切って出発地に戻る」、「五大陸全てを経由して出発地に戻る」など様々なものがあります。すべての子午線を横断すると言うことであれば、例えば北極点や南極点の廻りを一周するでも達成されるが、これは世界一周と呼ばれないことが多いです。
また、手段も航路や空路など様々あります。
ちなみに、人力での完全な世界一周は未だ誰も達成していません。
ギネス・ワールド・レコーズは2006年版で人力での世界一周に関するガイドラインを発表しており、そこで示された条件は、距離36,787.559km (北回帰線の距離)以上で赤道を通り、出発地点と完全に同じ場所に戻ってくることが条件とされています。このギネスがガイドラインを設定してから現在まで、人力での世界一周の達成者はまだいないのです。
自転車や徒歩で世界を一周した人はいますが、海洋は空路で越えており、海洋を除いた移動距離はギネスのガイドラインを下回るため、認定されていないのです。

まとめ

地球がまん丸ではなく、すこし押し潰されたような形状であることは、人工衛星の技術によりわかったことでもあります。
地球は知れば知るほど、その大きさを大きくも小さくも感じるものです。お子さんがいらっしゃるご家庭では、素朴な子供の疑問としても地球に関する疑問は多いですので、ちょっと小ネタに知っておくのもいいかもしれませんね。
スポンサードリンク